卒業生の皆様へ[インフォメーション]

卒業生の皆様へ

海洋スポーツセンター防災訓練を実施しました!

2017年2月16日

 2月15日、避難時の任務確認と教職員及び学生の防災意識の高揚を図ること等を目的として、本学海洋スポーツセンター(鹿屋市高須町)での防災訓練が実施されました。
 訓練は2部構成で実施され、同センターの教職員や海洋系の課外活動団体に所属する学生約30 名が参加。
 地震とそれに伴う火災を想定した第1部では、消防署への通報訓練や避難訓練のほか、消火器による初期消火訓練等が実施されました。また、津波発生を想定した第2部では、同センターから約1.2km離れた高台への避難訓練が実施されました。
0215kaisupobousai1.jpg
消火器取扱いの説明                            初期消火訓練の様子
0215kaisupobousai2.jpg
高台へ避難する学生                  学長による講評

競技成績報告会を開催しました!

2017年2月15日

IMG_7750-2.jpg

 2月14日、平成28年度の競技大会で特に優秀な成績を収めた本学学生を一堂に集め、競技成績報告会を開催しました。この会は、公益財団法人鹿屋体育大学体育・スポーツ振興教育財団及び本学主催によるもので、学内外の支援者を招き、学生の競技力向上を期し各選手を激励するために毎年実施しています。   
 会は金久博昭理事・副学長の主催者挨拶、原口学鹿屋市副市長による来賓挨拶、公益財団法人鹿屋体育大学体育・スポーツ振興教育財団の風呂井敬理事長による乾杯の発声と続き、和やかな雰囲気の中はじまりました。
 乾杯後には所属団体の顧問から国内外での華々しい功績とともに選手の紹介があったほか、スポーツ分野の成績が顕著で鹿屋市の名声を高めた者に贈られる鹿屋市スポーツ奨励金の目録が、原口副市長から選手代表の盛山鈴奈さん(スポーツ総合課程4年・陸上競技部)に手渡されました。その後、盛山さんからご支援いただいている皆様への感謝の気持ちや今後の抱負などが語られ、最後に瓜田吉久学長補佐(競技力向上担当)から謝辞が述べられ、盛会のうちに終了しました。
 本学では、これまでオリンピック選手をはじめ、数多くのプロアスリートを輩出してきましたが、引き続き競技力向上に励み、支援者の皆様のさらなる期待に応えられるよう努めていきますので、学生への変わらぬ応援をよろしくお願いいたします。

IMG_7764-2.jpg
風呂井理事長による乾杯挨拶

2014houkou1.jpg
原口副市長による来賓挨拶   鹿屋市スポーツ奨励金の授与              盛山さんによる選手代表挨拶

Honda硬式野球部が測定のため来学しました!

2017年2月 8日

 2月2日〜4日、社会人野球チームHonda硬式野球部の選手・スタッフ総勢12名が本学スポーツパフォーマンス研究棟(SPLab)での測定のため、本学を訪れました。
 2日はSPLabにて、投手はフォースプレートが設置されたマウンドから各球種の速度等の測定とモーションキャプチャによる投球フォームの測定を、野手は打撃のスイングスピード等の測定を行いました。
 3日にはHonda硬式野球部岡野勝俊監督とチームスタッフの米田文彦氏が、松下雅雄学長を表敬訪問し、測定の報告等が行われました。
 また、4日には鹿屋市の「国体に向けた競技力向上対策事業」の一環として野球教室が本学野球場にて開催され、鹿屋市の小学生約30人が参加しました。教室は社会人選手たちの守備とフリーバッティングのデモンストレーションから始まり、華麗なプレーを目にした小学生から歓声があがりました。
 社会人選手は、小学生の野球少年たちに「基本を反復練習することが大事だが、けがをしない身体づくりが一番大事」、「いろんなポジションを経験し、“野球”を楽しむことが大切」との言葉をかけました。選手達の丁寧で笑いを交えた指導に、最初は緊張していた小学生たちの表情も徐々に和らぎ、活気に溢れた教室となりました。

honda1.jpg
測定の様子                             学長表敬
honda2.jpg
野球教室の様子

第55回南日本スポーツ賞、1団体・1個人が受賞!

2017年2月 7日

IMG_2184-2.jpg
 2016年度に国内外で活躍したスポーツ選手や団体を表彰する第55回南日本スポーツ賞において、女子バレー部が優秀団体賞を、体操競技部所属の前野風哉さん(スポーツ総合課程2年)が優秀個人賞を受賞しました。
 2月5日、南日本新聞会館みなみホール(鹿児島市)で贈賞式が行われ、受賞者に表彰状等が授与されました。
【第55回 南日本スポーツ賞(本学関係)】
優秀団体賞女子バレーボール部全日本大学女子選手権 優勝
優秀個人賞前野 風哉
(スポーツ総合課程2年 体操競技部)
カタール国際チャレンジカップ 鉄棒 優勝
IMG_2159-3.jpg
表彰状を受け取る女子バレーボール部(左)と前野さん(右)


本学学生が国立青少年教育振興機構から表彰を受けました!

2017年2月 6日

 この度、中谷深友紀さん(大学院博士後期課程2年)が、独立行政法人国立青少年教育振興機構の平成28年度法人ボランティア表彰を受けることとなり、2月6日、本学大会議室にて表彰式が開催されました。
 これは、「体験活動を通した青少年の自立」を目指す同機構が実施する自然体験活動や集団宿泊活動などに対する中谷さんのボランティア活動が他の模範として高く評価され、その功績を称えて表彰されたものです。
 式では、国立大隅青少年自然の家の多田賢所長から表彰状が授与され、中谷さんから、「ボランティア活動では、むしろ私が学生生活や研究では学べないことを子供達から学んでいる。博士後期課程の学生として学業にも励みながら、ボランティア活動を今後も続けていきたい」と、表彰された喜びと力強い抱負が述べられました。
 続いて、多田所長から「子供達への接し方などボランティアに取り組む姿勢が素晴らしく、他のボランティアの見本として活躍頂いている」という言葉が述べられ、最後に松下学長から「研究活動に邁進しながら、ボランティア活動にいそしむことは、他の学生の模範となる。これからも後輩の見本となるような学生生活を送られることを期待したい」と祝辞と激励の言葉が贈られました。

IMG_2198-3.jpg

鹿児島県知事表彰「スポーツ部門」8名受賞!!

2017年2月 3日

IMG_2133-2.jpg
 左から黒枝さん、堀さん、江藤さん、三反園知事、仲宗根さん、松田さん、明石さん

 この度、国際大会・全国大会等のスポーツ大会で優秀な成績を収め、鹿児島県のスポーツ振興に貢献した選手を知事が表彰する鹿児島県知事表彰「スポーツ部門」で、鹿屋体育大学の学生8名が表彰されました。
 表彰式は2月2日に鹿児島県庁で行われ、三反園訓知事から表彰状等とともに激励の言葉をいただきました。一部の学生は授業等で残念ながら出席できませんでしたが、出席した学生らは受賞の喜びを胸に、誇らしげな表情で表彰を受けていました。
 鹿屋体育大学では、これからも地域のみなさまのご期待に添えるよう、引き続き学生の競技力向上のための施策を行っていきます。今後とも学生への温かいご声援をよろしくお願いいたします。

鹿児島県知事表彰「スポーツ部門」受賞者
>
区分種目氏名功績
 個人カヌー松田 裕介 平成28年度日本カヌースプリント選手権大会
 男子カナディアンペア 200m・500m・1000m 優勝
仲宗根 脩真
明石 寛幸 平成28年度日本カヌースプリント選手権大会
 男子カヤックペア1000m 優勝
 団体 自転車野上 竜太
堀 航輝
黒枝 咲哉
 第85回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース
 男子チームスプリント 優勝
江藤 里佳子
橋本 優弥
 第85回全日本自転車競技選手権大会トラック・レース
 女子4000m団体追い抜き 優勝
※ 江藤さん、橋本さんはシエルブルー鹿屋のメンバーとして、塚越さくら選手、上野みなみ選手(いずれも本学卒業生)とともに受賞。


IMG_2129-2.jpg

IMG_2113-3.jpg

阪神タイガース、前田大和選手、森越祐人選手が本学で自主トレ!

2017年1月31日

 1月18日〜27日、阪神タイガースの前田大和選手と森越祐人選手が、鹿屋市と連携して取り組む「産学官連携によるスポーツ合宿まちづくり推進事業」の一環で鹿屋市を訪れ、本学の施設で自主トレを行いました。
 鹿屋市出身の大和選手は、樟南高校から2005年高校生ドラフト4巡目でタイガースに入団。球界屈指の守備力が持ち味で、内野が本職ながら2014年には外野手としてゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。2012年から5年連続で100試合以上出場を続けています。
 また、同じく守備力に定評のある森越選手は愛知県出身の内野手。2010年ドラフト4位で中日ドラゴンズに入団し、2015年にタイガースに加入。内野ならどこでも守れるユーティリティー性が武器で、昨年に引き続き前田選手とともに自主トレを行っています。
 今回が5回目の鹿屋での自主トレとなった大和選手は「1年間戦える体づくりができた。今シーズンはしっかりとレギュラーをとれるように、そしてチームが優勝できるようにがんばりたい」と、森越選手は「春季キャンプに向けていつでも動ける状態。1軍定着できるよう、がんばっていきたい」と自主トレの手応えと今シーズンの抱負を語りました。

20170127_jisyutore.jpg
トレーニングを行う森越選手(左)と大和選手(右)

第2回大隅地区野球を語る会が開催されました!

2017年1月26日

 1月22日、本学において、本学硬式野球部が中心となり、大隅地区の小学校、中学校、高等学校の野球関係者が連携して「第2回大隅地区野球を語る会」が開催されました。
 この会は、野球を愛する児童・生徒達の成長と大隅地区の野球の普及・発展のため、指導者間の交流を図り、情報交換や学びの場とすることを目的として昨年から開催されており、2回目の開催となった今回は、大隅地区の小・中・高の野球の指導者約60名が参加しました。
 はじめに、「大学野球の指導を通して思うこと」と題して國學院大學野球部の鳥山泰孝監督による講演が行われ、チームづくりで大切にしていることや試合での選手への言葉掛けなどについて話がありました。
 その後、スポーツパフォーマンス研究棟へ場所を移し、野尻浩司トレーナー(株式会社Bright Body)によるコンディショニング指導が行われ、身体のケアやトレーニングの必要性について話がありました。また、鳥山監督からは、実際にキャッチボールやバットスイングをする中でのアドバイス方法や選手の導き方について話がありました。
 参加者からは「鹿屋体育大学が中心となって、このようなイベントが開催されるのはとても有難い」「はやく自分のチームの選手に還元していきたい」「とても勉強になり、来年以降も続けていきたい」といった声が聞かれ、非常に有意義な会となりました。

kougi_setumei.jpg

jitsugi.jpg

同窓生との情報交換会を開催しました!

2017年1月26日

 1月21日、本学205講義室において、同窓生と本学との情報交換会を開催しました。
 今回の情報交換会は、同窓生と大学関係者とが意見交換や情報交換を行うことにより今後の大学運営や在学生、同窓生への支援等に活かすとともに、相互の交流を図ることを目的に同窓会と大学が連携して開催したもので、同窓生、退職教員、本学関係者など約40名の参加がありました。
 会は松下雅雄学長、濱田幸二同窓会会長による挨拶にはじまり、金久博昭理事から本学の現状について説明がありました。その後、同窓生との意見交換会が行われ、「大学が同窓会に期待すること、同窓生が大学に期待すること」というテーマのもと、それぞれの立場や経験から、今後の大学、同窓会の発展のため活発に意見が交わされ、大変有意義な会となりました。

濱田同窓会会長挨拶                    意見交換の様子  
zyouhoukoukannkai.jpg

田口信教教授 最終講義のご案内

2017年1月24日

 本年3月31日をもちまして定年退職をされます鹿屋体育大学スポーツ・武道実践科学系 田口信教教授の最終講義を下記のとおり開催いたしますので、ご案内申し上げます。





日時:平成29年2月15日(水) 16:30〜18:00


場所:鹿屋体育大学 大学院棟3階 大講義室


テーマ:「何に期待するか」



詳細 → 田口先生最終講義のお知らせ

研究者紹介→ 田口信教

【お問い合わせ先】
鹿屋体育大学 スポーツ・武道実践科学系 准教授  萬久博敏
[電話]0994-46-4914
[E-mail]mankyu@nifs-k.ac.jp
※ 事前申し込みは不要です。

インフォメーション

カテゴリー
バックナンバー

NIFSブログ

お問い合わせ