リオ五輪日本代表選手激励会を開催しました[インフォメーション]

リオ五輪日本代表選手激励会を開催しました!

2016年6月 6日

gekireikai_.jpg

 6月3日、本学水野講堂において、本学の学生・卒業生でリオデジャネイロオリンピックに出場する選手の激励会が行われました。
 この激励会は、自転車競技の塚越さくら選手(2014年3月卒業、2016年3月修士課程修了)及び内間康平選手(2011年3月卒業)、競泳の松田丈志選手(大学院博士後期課程3年)、以上3選手のオリンピックでの活躍を祈念して行われたものです。
 当日は、オリンピック本番に向けた強化練習参加等のため塚越選手のみの出席でしたが、出場を決めた選手たちに向けて、会場に集まった学内外約500人の関係者及び来賓から、祝福の声が寄せられました。
 式は、福永哲夫学長(代理:瓜田吉久競技力向上委員会委員長)の挨拶に始まり、中西茂鹿屋市長(代理:福井逸人副市長)の来賓挨拶、3選手の紹介が行われました。続いて、選手挨拶が行われ、塚越選手から「オリンピックという大舞台に立てるのも、この素晴らしい大隅半島の環境や鹿屋体育大学で出会えた素晴らしい仲間がいたからこそ。オリンピックでは今までで最高のパフォーマンスを発揮できるよう本番までしっかりトレーニングを積んでいきたい。」と、感謝の言葉とオリンピックに向けての抱負が述べられました。
 その後、鹿屋市体育協会、公益財団法人鹿屋体育大学体育・スポーツ振興教育財団及び鹿屋体育大学同窓会からの奨学金等授与、本学自転車競技部の後輩からの花束贈呈、学生歌の斉唱と続き、最後は田中俊實地域づくり交流実行委員会会長による万歳三唱で盛況のうちに激励会が締めくくられました。

hanataba_.jpg

syugo_.jpg

トラックバック

https://www.nifs-k.ac.jp/cms/mt-tb.cgi/3554

インフォメーション

カテゴリー
バックナンバー

NIFSブログ

お問い合わせ