授業料免除

下記に該当し、免除が必要と認められる場合には、選考の上、当該期分授業料の全額又は半額が免除されることがあります。

授業料免除申請者は、免除の許可又は不許可の通知があるまで授業料の納付が猶予されます。したがって、その間、授業料を納付しないでください。
(納付した授業料は、授業料免除を申請しても返還されないので注意してください。)

授業料免除の対象者

1. 経済的理由によって授業料の納付が困難であり、かつ、学業優秀と認められる場合。ただし、次の各号の一に該当する場合は、免除の対象になりません。

  • 前の期の授業料を滞納している者。
  • 特別の理由(病気による休学)もなく同一の学年に留まっている者。
  • 特別の理由(病気による休学)もなく標準修業年限を超えている者。
  • 既に当該年度分又は当該期分の授業料を納付した者。

2. 授業料の納期前6月以内(※)(新入学者の入学した日の属する期分に係る免除の場合は、入学前1年以内)に、本人の主たる家計支持者が死亡し、又は本人若しくは主たる家計支持者が風水害等の災害を受けたことにより、授業料の納付が著しく困難であると認められる場合。

3. 上記2に準ずる場合であって、学長が相当と認める事由がある場合。

(※)「納期前6月以内」とは、前期にあっては前年10月1日から本年3月31日までの期間、後期にあっては、本年4月1日から9月30日までの期間とします。

平成30年度前期分授業料免除申請書類

平成30年度前期分授業料免除申請にかかる書類をアップロードしています。必要な方は適宜、ダウンロードして各自で印刷して下さい。

1. (在学生向け)平成30年度前期授業料免除申請についての重要なお知らせ

 (新入生向け)日本学生支援機構の給付奨学金を受給予定の皆様へ重要なお知らせ

2. 平成30年度前期授業料免除申請のしおり(学部・大学院共通)

※4ページ「4.申請期間・受付場所」に大学院修士課程3次募集入学試験合格者の申請期間

 について記載しました。(2018.4.13)

3. 授業料免除申請チェックシート

4. 授業料免除申請書(前期分)・家庭調書・収入状況

5. 授業料免除申請書記入例

6. 証明書

鹿屋体育大学 学生課 生活支援係
【電話】0994-46-48880994-46-4888