にふらじダイジェスト

鹿屋体育大学75708

本日は「にふらじ」についてのお知らせです。 にふらじは、様々なゲストとのお話を通して、皆さんにもっと鹿屋体育大学のことを知ってもらおうという企画です。 今回は中国からの留学生として本学で学んでいるお二人をゲストにお招きしました。 鹿屋体育大学への留学を決めたきっかけや中国の方から見た日本や鹿屋の魅力などを話し てもらいました。普段のにふらじとは違う、グローバルな一面も見られると思います。 ぜひご覧ください!。 フルバージョンはYouTubeにて視聴できます。


鹿屋体育大学アドミッションセンターは、受験生の皆様向けの情報を発信するためTikTokを始めました。今後も毎週配信していく予定ですので、「フォロー」、「いいね」をよろしくお願いします。

令和6年度鹿屋体育大学入学式について、下記のとおり挙行いたします。

日時

令和6年4月5日(金) 10:00~10:50(予定)

※入場 9:20~9:50

式場

鹿屋体育大学水野講堂(鹿屋市白水町1番地)

その他

  1. お車でお越しの際は、学内駐車場をご利用いただけます。
  2. 式場の座席数に限りがございます。ご家族の方には立見又は別室をご案内させていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  3. 入学式後に、引き続き学長表彰式(10:55~11:20)及び冠スポーツ奨学金証書授与式(11:25~11:45)を行う予定です。
  4. 式典の様子については、インターネット中継を行う予定です。

インターネット中継URL

URL:準備中

2月9日、2年次学生を対象にした「コーチ学概論」(スポーツ・武道実践科学系/金高宏文教授担当)の“リーダーはビジョンを語る”のテーマのスペシャルゲストとして本学の金久博昭学長が登壇し、受講生約150人を対象に講義を行いました。

「私が学長として本学に就任し、入学式で告辞を述べたのはあなたたちが初めてだったのですよ」。学生にやさしく話しかけるようにスタートした講義に、学長の話を直接聞くことができる貴重な機会とあって学生の眼差しも真剣そのもの。「入学式で文武両道の話をしましたが、文武不岐(ぶんぶふき)って言葉を知っている人?」。学長からの問いかけに緊張した空気が流れ、続く「諸説ありますが、簡単に言えば部活をやると学問が進む。学問をやるとスポーツの成績が上がっていくという意味です。君たちはスポーツをするということは日常的にやっていると思うし、そのスタンスを4年生まで続けていくと思いますが、そこに“スポーツを学ぶ”ということをどう絡めていくかということをちょっと意識してほしい。学問と武道・スポーツは別者ではなく、一つのフィールドの中でセットとなって刺激し合うことで、最終的な形として文武両道っていう言葉ができあがるのです」の言葉に、うなずく姿が見られました。

また「私がここに今こうして立っていられるのは、大学3年生のときに取ったゼミのお陰です。どういったゼミを選択して、ゼミで何をどう学ぶかの姿勢が卒業したあとの人生にかかわってくる。3年生になろうとしている今、やりたいことをやれていないと感じている人はこの大学に入ってきた意味と、自分のビジョン=夢についてもう一度きちんと考えてみて」と呼びかけました。多くの教え子たちを見てきた金久学長が感じる成功の秘訣は「やるべきことが明快で、やらなくていいことはカットすること」。「どんなに苦しくつらい状況であったとしても、自分で納得がいく形で時間を過ごせることが幸せにつながる。君たちの可能性は無限かもしれないが、時間は有限」とアドバイスし、「3年になったら覚悟を決めて!」という言葉で締めくくりました。

本学では【活気ある(Active)独創的な(Creative)精鋭(Elites)】をA.C.E.KANOYA(エースかのや)と位置付けており、文武不岐で学業、競技成績ともに優秀な成績を残した学生を「A.C.E.KANOYA賞」として学長が表彰する予定です。

受講した学生からは「学問を究めることがスポーツを究めることにつながるし、その逆もそうであるという文武不岐という言葉がとても響いた」「体育大という環境に身を置くからには、部活と勉強をつなげて両方をおろそかにせず取り組もうと思えた」「学長の講話を直接聞くことができて、大学生活へのモチベーションが高まったように感じた」など、多くの感想が寄せられました。

鹿屋体育大学75573

注)写真内のスライドは以下より引用し、担当教員が作成

NIFS学生広報スタッフラジオ「にふらじ」について、お知らせします。

にふらじは、様々なゲストとのお話を通して、皆さんにもっと鹿屋体育大学のことを知ってもらおうという企画です。今回は、水泳部のお2人に来ていただきました!
未だ明らかにされていない水泳部の様子を知っていただける内容です。
ぜひご覧ください。

ゲスト
程 文静 さん(大学院体育学研究科博士後期課程 1 年)
満 園 さん  (体育学部スポーツ総合課程 2 年)

【バーベル部Instagram】
https://www.nifs-k.ac.jp/campus-life/activities/activity-group/barbell/

本動画は、企画・撮影・編集全て、NIFS 学生広報スタッフが行っています。
【NIFS学生広報スタッフ企画】
にふらじ#16(鹿屋体育大学で学ぶ留学生に聞く‼️)(2/15 12:00投稿)

鹿屋体育大学75537

(画像をクリック)


NIFS学生広報スタッフとは?

2021年度から広報活動のさらなる活性化をめざし、若くて、旬を感じる感性が豊かな今の学生らに参加してもらう学生広報支援制度を新しく取り入れました。
NIFS学生広報スタッフについてのページリンク
NIFS学生広報スタッフの活動

また、鹿屋体育大学アドミッションセンター広報部も、NIFS学生広報スタッフが同様に協力し、以下のSNSから入試広報を行っております。
入試広報Tiktok https://www.tiktok.com/@nifstaff.ac

以下の大学公式SNSでは、公式Webサイトのインフォメーション情報や大学イベントのお知らせ、NIFS学生広報スタッフの投稿などを行っております。大学の最新情報を共有できる場にもなりますので、お持ちのSNSから鹿屋体育大学公式アカウントをフォローいただき、最新の情報をご覧ください。

大学広報Twitter  https://twitter.com/NIFSkouhou
大学広報Facebook https://www.facebook.com/NIFSkouhou/
大学広報Instagram  https://www.instagram.com/nifskouhou/
大学広報YouTube  https://www.youtube.com/channel/UCDg9ucmqQmDJ5Mz54p7H1Pg

2月9日の「ニク(肉)の日」にちなんで、鹿屋市から本学に鹿児島黒牛が提供されました!これは、鹿児島黒牛のPRと国内外の消費拡大の取り組みの一環として、鹿屋市から提供のあったものです。

この日の食堂ではA5等級の鹿児島黒牛ステーキ肉をぜいたくに140g使用したスペシャルメニュー「ガリバタ醤油ステーキ~鹿屋の根菜を添えて~」が学生限定50食一皿300円で提供されました。事前告知されたこともあり、提供開始時間の11時40分の1時間前にはすでに長蛇の列ができ、あっという間に完売となりました。

先着50人に入った学生はステーキを口に入れた途端に「めちゃくちゃうまいです!」「口の中で肉がとろけます」「最高です!」「生きててよかったです!」と次々に感嘆の声を発して、満面の笑みを浮かべていました。

鹿屋体育大学75421

列先頭のプラカードを持つ学生。9時半から並んでいたようです!

鹿屋体育大学75423

食堂では提供メニューの準備で大忙し!

鹿屋体育大学75422

今回提供された「ガリバタ醤油ステーキ~鹿屋の根菜を添えて~」

鹿屋体育大学75424
鹿屋体育大学75425
鹿屋体育大学75426
鹿屋体育大学75427

学生の満面の笑みが見られました!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて