論文博士取得支援プログラムは、論文博士取得希望者の研究生期間中における支援を行いスムーズな学位取得に向けたサポートを行うものです。
なお、手続き等の詳細については、「論文博士取得支援プログラム目的と概要」をご確認ください。

概要

この支援プログラムは、学位の取得の意思があっても、学位取得が困難であった現職の先生方(本学教員を含む)*を対象としています。具体的には、本学に研究生として所属する期間中に、複数の教員から研究指導を受け、計画的に学術論文の執筆を支援するというものです。(*副論文となるものが2編以上あるもの)

期待される主な効果

  1. 従来にはない計画的な論文博士の育成、学位取得をサポートするプログラムの確立
  2. 高度な専門指導者の育成
  3. 連携ネットワークの拡充
  4. リカレント教育の可能性(学位取得者の大学教員等の増加)
  5. 多様で、学際的研究での学位取得
  6. 大学間での共同研究の増加
  7. 研究生の増加
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて