平成30年度 体育学研究科体育学専攻 (修士課程)入試要項

大学院体育学研究科 (修士課程) の入学者選抜試験で求める人材

  • 豊富なスポーツ実践活動の経験を有し、科学的な研究成果を実践へと応用することによって、我が国における競技スポーツや武道実践の分野、体育及びスポーツ教育の分野で中核的な存在として活躍する意志と能力を持つ人
  • 生涯スポーツが国民の健康や幸福に与える価値を認め、我が国のスポーツや身体運動に関する文化、地域政策、医療福祉、健康産業、ビジネスなどの分野で中核的な存在として活躍する意志と能力を持つ人
  • 国際的な視野と感覚を有し、スポーツや身体運動に関する高い水準の独創的な研究を推進するために、博士後期課程に進学する意志と能力を持つ人
  • 体育及びスポーツの分野ですでに活躍している現職者で、本教育課程を通して、さらに高度な専門的能力を身につける意志と能力を持つ人
  • 高い競技力を有し、国際的な大会で活躍することができるとともに、我が国の代表として誇れる人格と教養を持ち得るトップアスリート

専攻及び募集人員

専攻 体育学
試験区分
  • 一般入試
  • 社会人入試
  • 現職教員入試
  • 外国人留学生入試
募集人員 15人

募集人員15人には次の1~3の者を含む。

  1. SS・SC(若干人)

    SS(スーパー・スチューデントの略)とは、競技歴の特に高い者で、一般入試、社会人入試及び外国人留学生入試受験者のうち、事前に本学において認定された者とします。

    SC(スーパー・コーチャーの略)とは、指導歴の特に高い者で、一般入試、社会人入試及び外国人留学生入試受験者のうち、事前に本学において認定された者とします。

    ※SS及びSCの認定と受入体制に関しては、出願に先立ち、平成29年8月25日(金)までに必要書類を提出する必要がありますので、それまでに本学教務課入試係へ問い合わせてください。

  2. 東京サテライトキャンパス社会人コースにおいて履修する者(若干人)

    東京サテライトキャンパス社会人コースにおいて履修する者は、東京サテライトキャンパス(筑波大学・鹿屋体育大学連携推進室)において、社会人を対象に、主に夜間に開講される科目を履修することになります。

(注)本学修士課程においては、転入学及び再入学の制度がありますので、希望者は、本学教務課入試係へ問い合わせてください。

出願資格

大学院体育学研究科体育学専攻(修士課程)入試に出願できる者は、次の1~8のいずれかと9の両方を満たす者です。

  1. 学校教育法第83条に定める大学を卒業した者及び平成30年3月までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法第104条第4項の規定により学士の学位を授与された者及び平成30年3月までに授与される見込みの者
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者(注1)
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者(注1)
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度における位置づけられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
  6. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成30年3月までに修了見込みの者
  7. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年2月7日文部省告示第5号)(注2)
  8. 本学大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成30年3月までに22歳に達する者(注3)
  9. 大学院体育学研究科体育学専攻(修士課程)入学試験実施日から過去2年以内にTOEFL又はTOEIC(TOEIC-IPを含む)を受験し、一定のスコア(TOEFL-iBTは24点以上、TOEIC(TOEIC-IPを含む)は300点以上)を取得している者(ただし、現職教員入試で出願する者及びSS,SCと認定された者は除く)
  • (注1) 大学教育修了までの学校教育の課程が16年に満たない国において、大学教育を修了した者又は通信教育の授業科目を我が国において履修し、大学教育を修了した者で、大学教育修了後、日本国内又は国外の大学もしくは国立大学共同利用機関等これに準ずる研究機関において、研究生、研究員等として相当期間(おおむね1年以上とします。)研究に従事しており、かつ、平成30年3月までに22歳に達する者で、我が国の大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者は出願することができます。
  • (注2) 文部科学大臣の指定した者に該当する者は、「教育職員免許法による小学校、中学校、高等学校、幼稚園の教諭もしくは養護教諭の専修免許状又は1種免許状を有する者で、平成30年3月までに22歳に達するもの」などです。
  • (注3) 個別の入学資格審査の対象となる者は、「短期大学、高等専門学校、専修学校、各種学校の卒業者や外国大学日本分校等の修了者など大学卒業資格を有していない者で、平成30年3月までに22歳に達するもの」です。
    これにより出願する場合は、事前に審査を行う必要がありますので、平成29年8月25日(金)までに必要書類を送付(書留速達郵便)してください(詳細は募集要項を参照ください)。
※出願資格に関する注意事項
  1. 社会人入試に出願できる者は、「大学を卒業した者(本学大学院において大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者を含む。)で、社会人としての経験を有し、体育学の分野に関心があり、明確な研究テーマを持ち、かつ十分な研究意欲のある者」とします。ただし、東京サテライトキャンパス社会人コース履修希望の者は、原則として、「①スポーツ関連企業、スポーツ団体等の職にある者 ②トップレベルのコーチ、アスリート ③体育系の教員として教育機関に勤務している者のいずれかに該当する者」に限ります。
  2. 現職教員入試に出願できる者は、「小学校、中学校、高等学校、特別支援学校及び教育関係機関に勤務(専任)し、所属する都道府県教育委員会又は政令指定都市教育委員会から承諾を受け、在職のまま入学しようとする者」とします。なお、入学後は、「1年次においては、大学院での学業に専念し、必要な単位を修得する。また、2年次においては、定期的に通学して、残りの単位を修得するとともに修士論文作成のための指導を受けるもの」とします。
  3. 外国人留学生入試に出願できる者は、「外国籍を有している者」とします。
  4. SSに出願できる者は、「日本代表(外国人留学生入試受験者は、出身国代表)として国際大会で活躍している者で、かつ、①入学後も競技力向上を継続する意志のある者、又は②高度な指導知識や実践的能力を備えた指導者として、国際的な競技力向上に寄与する意欲のある者」とします。
  5. SCに出願できる者は、「各国代表の選手を指導した実績(当該国において、ナショナルチームの指導者(監督、ヘッドコーチ及びアシスタントコーチなど))を有し、高度な指導知識や実践的能力を備えた指導者として、国際的な競技力向上に寄与する意欲のある者」とします。

なお、出願資格について不明な点は、平成29年8月23日(水)までに教務課入試係(電話:0994-46-4869)(電話:0994-46-4869へ問い合わせてください。

選抜日程等

出願期間
平成29年9月25日(月)~9月29日(金)
選抜日程
平成29年10月23日(月)
合格者発表日
平成29年10月27日(金)
入学手続期間
平成30年3月16日(金)~3月22日(木)

選抜方法

入学者の選抜は、学力試験〔外国語(英語)、筆記試験(論述試験)、口述試験〕、健康診断書審査及びその他の提出書類等の結果を総合して選抜します。

学力試験の試験科目と試験時間割は次のとおりです。

試験区分平成29年10月23日(月)
9:00~10:3011:00~
一般入試 論述試験 口述試験
社会人入試 論述試験 口述試験
現職教員入試 口述試験
外国人留学生入試 論述試験 口述試験
SS・SCと認定された者 口述試験

第2次募集について

入学定員に欠員が生じた場合は、下記の日程により第2次募集を行う場合があります。

第2次募集実施の有無については、平成29年12月1日(金)以降に本学ホームページで情報提供を行います。

出願期間 平成30年2月13日(火) ~ 2月19日(月)
選抜日程 平成30年3月8日(木)
合格者発表日 平成30年3月14日(水)
入学手続期間 平成30年3月16日(金) ~ 3月22日(木)

※入学者選抜に関する詳細については、入試資料請求から平成30年度大学院体育学研究科(修士課程)学生募集要項を請求、又は平成30年度大学院体育学研究科(修士課程)学生募集要項のPDFファイルをダウンロードの上、参照ください。