平成31年度 推薦入試要項

推薦入学試験の基本方針

  • スポーツ・武道の分野で高い競技能力を有し、将来トップレベルの競技者になりうる資質について、課程別に指定した実技検査により判断します。
  • スポーツ・武道及び体育・健康づくりを指導・普及させるための基礎的な知識、または指導・普及における課題に対する思考・判断・表現力について小論文により判断します。
  • スポーツ・武道及び体育・健康づくりにおけるリーダーシップやマナー、コミュニケーション能力などについて面接により判断します。

学部、課程及び募集人員

学部課程募集人員
体育学部 スポーツ総合課程 50人
武道課程 20人
合計 70人

推薦要件

推薦入試に出願することができる者は、次の【1】~【5】のすべてに該当する者とします。

【1】 次の各号のいずれかに該当する者で出身学校長が責任を持って推薦し得る者(既卒者については卒業後1年以内)
  1. 高等学校若しくは中等教育学校を卒業した者及び平成31年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成31年3月修了見込みの者
  3. 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者及び平成31年3月31日までにこれに該当する見込みの者
【2】 本学が定めた強化種目において、以下のいずれかの競技成績を挙げた者
強化種目
[スポーツ総合課程]
陸上競技、体操競技、水泳、バスケットボール、サッカー(男子)、テニス、バレーボール、海洋スポーツ(セーリング、ローイング)、自転車競技
個人種目
  • 全国大会ベスト16以上の競技成績を有する者
  • 公式ランキング16位以上の競技成績を有する者
  • ブロック大会ベスト8以上の競技成績を有する者
  • ブロック大会の種目別・団体総合ベスト8以上の競技成績を有する者(テニス、体操競技、駅伝)
団体種目※

※ 団体種目とは、バスケットボール、サッカー(男子)、バレーボールの種目を指します。

  • 全国大会又はブロック大会に出場した競技成績を有するレギュラーメンバー
  • ブロック単位での優秀選手、強化選手
[武道課程]
柔道、剣道、なぎなた(女子)
  • 全国大会ベスト16以上の競技成績を有する者(団体はレギュラーメンバーのみ)
  • ブロック大会ベスト8以上の競技成績を有する者(団体はレギュラーメンバーのみ)
  • ブロック単位での優秀選手、強化選手
  • 金鷲旗高校柔道大会又は玉竜旗高校剣道大会において連続15人以上勝ち抜いた者
【3】 当該スポーツ・武道の分野においてその活動を継続し、競技力の向上に努める者
【4】 調査書の全体の評定平均値が3.0以上の者
【5】 本学の教育課程を履修するための学力を有する者

選抜日程等

出願期間
平成30年11月19日(月)~11月22日(木)
選抜日程
平成30年12月6日(木)・12月7日(金)
合格者発表日
平成30年12月14日(金)

選抜方法

推薦入試は、出身学校長の推薦に基づき、本学が行う試験(小論文、面接及び実技検査)の成績、調査書、競技歴調書、推薦書の内容及び健康診断の結果を総合して選抜を行います。
なお、大学入試センター試験は課しません。

本学が行う試験(小論文、面接及び実技検査)

  1. 小論文
    本学の教育を受けるにふさわしい資質をみるため、競技スポーツ、生涯スポーツ、武道、健康・体力等の領域から、小論文を課します。
  2. 面接
    本学の教育を受けるにふさわしい適性をみるため、複数の面接員による個人面接を行います。
  3. 実技検査(専門種目検査)
    受験者の競技特有の資質及び将来性を総合的に評価するために,実技検査(専門種目検査)を行います。下記のとおり課程別に指定した実技検査種目AからOまでの中の1種目を選択することになります。
スポーツ総合課程
A 陸上競技 B 体操競技 C 水泳 D バスケットボール E サッカー(男子)※フットサルを除く。 F テニス G バレーボール 海洋スポーツ(セーリング:H ヨット I ボードセーリング,ローイング: J ボート K カヌー) L 自転車競技
武道課程
M 柔道 N 剣道 O なぎなた(女子)

※入学者選抜に関する詳細については、入試資料請求から平成31年度推薦入試学生募集要項を請求又は推薦入試学生募集要項のPDFファイルをダウンロードの上、参照ください。