研究指導担当教員

氏名
(職名)
担当授業科目
研究領域
金久博昭
(教授)
  • 博士論文課題演習I
  • 博士論文課題演習II
日本人の筋のトレーナビリティーについて、年齢、性、生活環境・トレーニング環境との関連で検討しており、ここ数年は発育期におけるスポーツ活動が筋の形状と機能に及ぼす影響、高齢者におけるフィジカルトレーニングの効果に関する研究を主に行っている。
また、スポーツトレーニングが身体全体における筋発達のバランスおよびパフォーマンスに及ぼす影響ついて、トレーニング科学の視点からだけではなく、バイオメカニクス的研究手法も加味したアプローチを試みている。
山本正嘉
(教授)
  • 体育スポーツ実践的指導演習
  • 体育スポーツ実践的研究方法論
  • 体育スポーツ実践的研究演習I
  • 体育スポーツ実践的研究演習II
  • 体育スポーツ実践的研究演習III
  • 最先端スポーツ科学理論
  • 博士論文課題演習I
  • 博士論文課題演習II
スポーツパフォーマンスの制限要因となる瞬発力、持久力、疲労、回復能力などを改善するためのトレーニング法やコンディショニング法に関する実践的な研究。低酸素(高所)環境や高酸素環境を利用して、スポーツ選手の能力向上や、一般人の健康・体力の増進を図る研究。
登山やクライミングなど、アウトドアスポーツの運動生理学・トレーニング科学に関する研究。
各種スポーツ選手における専門体力の測定・評価に関する研究。
前田 明
(教授)
  • 体育スポーツ実践的指導演習
  • 体育スポーツ実践的研究方法論
  • 体育スポーツ実践的研究演習I
  • 体育スポーツ実践的研究演習II
  • 体育スポーツ実践的研究演習III
  • 最先端スポーツ科学理論
  • 博士論文課題演習I
  • 博士論文課題演習II
運動技術の習得を力学的に得るためにモーションキャプチャーシステム、ハイスピードカメラ、フォースプレート等を用いてバイオメカニクス的に動作を分析する。
競技力向上に関するトレーニング効果をバイオメカニクス的見地から考察する。