研究指導担当教員

氏名
(職名)
担当授業科目
研究領域
赤嶺 卓哉
(教授)
・スポーツ・リハビリテーション医科学特殊研究
・スポーツ・リハビリテーション医科学特殊研究演習
スポーツ医科学における整形外科的疾患の予防と運動療法について特殊に研究する。腰痛・リウマチ関節疾患、骨粗鬆症例へのリハビリテーション法(水中運動を含む)、身障者スポーツ、運動と骨代謝について考究する。筋硬度(柔軟度)・体組成測定、スポーツ選手の骨密度測定結果比較分析、PNFリハビリ・トレーニングなどについてもさらに攻究する。
荻田 太
(教授)
・スポーツ生理学特殊研究
・スポーツ生理学特殊研究演習
スポーツ活動時の有酸素性・無酸素性エネルギー供給動態を定量化しながら代謝特性を明らかにすると同時に、エネルギー供給能力を効果的に改善させる短時間高強度運動トレーニング法、および特殊環境下を利用したトレーニングの開発について探求している。また、競技スポーツでは特に水泳運動に関して、流水プール、抵抗測定装置などを利用し、生理学的・力学的定量化を試みている。研究近年では低圧低酸素環境下を利用したメタボリックシンドローム予防・改善のための研究にも取り組んでいる。さらに、エネルギー代謝と呼吸循環系応答の関連についても併せて検討している。
金久 博昭
(教授)
・応用スポーツ・コーチング学特殊研究
・応用スポーツ・コーチング学特殊研究演習
日本人の筋のトレーナビリティーについて、年齢、性、生活環境・トレーニング環境との関連で検討しており、ここ数年は発育期におけるスポーツ活動が筋の形状と機能に及ぼす影響、高齢者におけるフィジカルトレーニングの効果に関する研究を主に行っている。また、スポーツトレーニングが身体全体における筋発達のバランスおよびパフォーマンスに及ぼす影響ついて、トレーニング科学の視点からだけではなく、バイオメカニクス的研究手法も加味したアプローチを試みている。
藤井 康成
(教授)
・スポーツ障害・コンディショニング医科学特殊研究
・スポーツ障害・コンディショニング医科学特殊研究演習
スポーツ医科学における整形外科的疾患の予防と運動療法について、特に肩・肘の上肢、膝・足の下肢関節のスポーツ障害を中心に、その病態や治療法、予防法に関して研究を行う。スポーツ選手の身体機能を評価するメディカルチェックを通して、体の柔軟性やアライメントの評価法から障害予防のためのトレーニング法などについても研究をすすめる。
前田 明
(教授)
・バイオメカニクス特殊研究
・バイオメカニクス特殊研究演習
・体育・スポーツの学際的科学論II
運動技術の習得を力学的に得るためにモーションキャプチャーシステム、ハイスピードカメラ、フォースプレート等を用いてバイオメカニクス的に動作を分析する。競技力向上に関するトレーニング効果をバイオメカニクス的見地から考察する。
森 司朗
(教授)
・スポーツ心理学特殊研究
・スポーツ心理学特殊研究演習
・体育・スポーツの学際的科学論I
1)幼少年期の心身両面からの運動発達
2)運動認知メカニズムや運動学習のプロセスなどの理論的な研究及びメンタルトレーニングや認知トレーニングへの応用
3)コミュニティ心理学的アプローチを通して自閉症児の治療教育などの実践的研究
4)脳内神経連絡経路などの基礎研究
以上の4つの方向から主に研究を行っている。
山田 理恵
(教授)
・スポーツ史特殊研究
・スポーツ史特殊研究演習
・応用スポーツ歴史人類学特殊研究
・応用スポーツ歴史人類学特殊研究演習
・体育・スポーツの学際的科学論II
人間の「身体」や「身体運動」とそれらをめぐる諸現象について、歴史的考察を行っている。特に伝統スポーツに着目し、ドイツと日本の場合を中心に、それぞれの伝統的なスポーツ文化にみられる特性や文化変容の過程について考察している。
山本 正嘉
(教授)
・トレーニング科学特殊研究
・トレーニング科学特殊研究演習
スポーツパフォーマンスの制限要因となる瞬発力、持久力、疲労、回復能力などを改善するためのトレーニングやコンディショニング法に関する実践的な研究。各種スポーツにおける専門体力やパフォーマンスの測定と評価に関する研究。低酸素(高所)環境を利用したトレーニングの研究。登山やクライミングなど、アウトドアスポーツの運動生理とトレーニングに関する研究。
吉武 裕
(教授)
・生涯スポーツ学特殊研究
・生涯スポーツ学特殊研究演習
1)高齢者の体力および高次生活機能の加齢変化、 2)高齢者が自立した生活を営むのに必要な体力水準や身体活動水準、および 3)日常の身体活動測定機器の研究・開発についての研究を行っている。
髙井 洋平
(准教授)
・トレーニング科学特殊研究
・トレーニング科学特殊研究演習
・体育・スポーツの学際的科学論I
発育期の子ども、高齢者およびスポーツ選手を対象に、身体組成、筋機能および運動能力におけるトレーナビリティに関する研究を、運動生理学的およびバイオメカニクス的手法を用いて行っている。
髙橋 仁大
(准教授)
・スポーツ・コーチング学特殊研究
・スポーツ・コーチング学特殊研究演習
スポーツにおける戦略・戦術分析のためのゲーム分析ならびにPerformance Analysisを行っている。特に映像を用いた分析ならびにフィードバック手法、またゲーム分析を基にしたゲーム評価に関する研究を進めている。これらの研究が実験室的研究で終わることなく、スポーツの実践場面に貢献できるような、フィールドでの実践的活動も重点的に行う。
藤田 英二
(准教授)
・運動処方論特殊研究
・運動処方論特殊研究演習
アスレティックトレーナーの専門領域であるアスレティックトレーニング、および高齢者の健康づくりについて研究を行っている。アスレティックトレーニングでは、特にスポーツによる外傷および障害予防に関するフィジカルコンディショニングや、そのトレーニング法に関して取り組んでいる。高齢者の健康づくりでは、健常高齢者から低体力の虚弱者まで幅広い層を対象とした運動の手法とその効果について研究している。
宮本 直和
(准教授)
・体力科学特殊研究
・体力科学特殊研究演習
身体運動の駆動源である骨格筋の生体計測に関する研究を指導する。特に、骨格筋・腱組織の形態的特性と機能的特性に関する研究や、高い身体運動パフォーマンスを発揮するための筋・腱の形態的・機能的特性を効率的に活かす神経・筋活動に関する研究を行っている。
吉武 康栄
(准教授)
・体力科学特殊研究
・体力科学特殊研究演習
意思通りに四肢の動作をコントロールする神経・筋制御機能の解明を第1テーマとし、トレーニング、不活動、加齢などの環境変化に対する適応について生理学的研究を行っている。また、工学的手法を用いた統合的筋力トレーニングの開発や電気生理学的手法を用いた筋疲労動態の解明に取り組んでいる。

授業担当教員

氏名
(職名)
担当授業科目
研究領域
川西 正志
(教授)
・スポーツ社会学特殊研究
・スポーツ社会学特殊研究演習
・応用スポーツ社会学特殊研究
・応用スポーツ社会学特殊研究演習
スポーツ参与の社会科学的研究を主要研究領域とし、 1)高齢者のスポーツ参加が個人や地域社会に及ぼす社会学的影響 2)スポーツ振興に関する政策評価 3)地域スポーツ集団の社会的機能の解明と政策の国際比較研究などが主なテーマである。
金高 宏文
(教授)
・応用スポーツ・コーチング学特殊研究
・応用スポーツ・コーチング学特殊研究演習
スポーツ運動における「技能の習得」や「動作の改善」時に生じる「コツ・カン」や「フォーム」の変化について調査・測定している。現在は、各スポーツ種目における初心・初級者のコツや技術、その指導・トレーニング方法を探求している。専門はスポーツ運動学及びトレーニング学で、スポーツバイオメカニクスと指導者育成・再研修のカリキュラム論についても取組んでいる。
竹下 俊一
(教授)
・スポーツ経営学特殊研究
・スポーツ経営学特殊研究演習
・体育・スポーツの学際的科学論I
スポーツに関するビジネスやスポーツ施設産業特にゴルフ場経営に関わった産業を研究分野としている。また人文社会科学の研究方法論をベースに体育の専門とは何かというテーマの研究も続けている。
安田 修
(教授)
・スポーツ医科学特殊研究
・スポーツ医科学特殊研究演習
ミトコンドリアは生体のエネルギーの殆ど全てを生産し、生体の活動性や老化を左右する重要な細胞内小器官である。運動や骨格筋量がミトコンドリア機能に与える影響に関しての生物化学的な研究に取り組んでいる。また骨格筋量が生体の心臓、腎臓の機能や老化に与える影響について血液パラメーターや分子生物学的手法を用いた研究を行っている。
中本 浩揮
(准教授)
・スポーツ心理学特殊研究
・スポーツ心理学特殊研究演習
・体育・スポーツの学際的科学論I
スポーツの熟達化をテーマとし,優れた競技者の視覚システムおよび予測能力と運動修正能力といった知覚・認知技能の特徴やその獲得方法について,心理物理学,生理心理学的手法を用いて研究を行っている.

連携大学院(JISS)

授業担当教員

氏名
(職名)
担当授業科目
研究領域
奥脇 透
(客員准教授)
・アスリート医科学特殊研究
・アスリート医科学特殊研究演習
さまざまなスポーツ外傷・障害の病態を解明するため、その受傷状況(とくに動作)、症状、画像診断(とくにMRI)、復帰過程(メディカル、およびアスレティックリハビリテーション)等を詳細に分析している。最終的には、それぞれのスポーツ外傷・障害の病態を明らかにすることにより、その予防に向けて取り組む研究を行っている。
高橋 英幸
(客員准教授)
・アスリート・トレーニング科学特殊研究
・アスリート・トレーニング科学特殊研究演習
運動パフォーマンスの規定因子としての骨格筋特性とその可塑性に関して、主にMRI、MRSの手法を用いて研究している。そのひとつの側面として、新しい測定技術や発想を用いた評価方法の開発と検証実験に取り組んでおり、具体的には1)31P MRSによる筋コンディション評価法の開発と応用、2)13C MRSによる筋グリコーゲン評価法の開発と応用、3)筋線維組成推定法の開発と応用、をテーマとしている。

連携大学院(鹿児島大学・熊本大学)

研究指導担当教員

氏名
(職名)
担当授業科目
研究領域
飯干 明
(客員教授)
・体育・スポーツの学際的科学論II
・身体教育特殊研究B
・身体教育特殊研究演習B
高齢者の転倒など日常生活における事故の防止や学校体育での事故の防止、さらには短距離選手の肉離れの防止などに関する研究を行ってきた。最近は、体力の各要因が日常生活の活性化だけでなく、寿命にも影響を及ぼすことが明らかにされ、体力が再認識されているので、児童・生徒や大学生を対象にした体力に関する研究を行っている。
井福 裕俊
(客員教授)
・体育・スポーツの学際的科学論II
・身体教育特殊研究A
・身体教育特殊研究演習A
生理学・運動生理学の観点から、1)運動や自律神経刺激に対する心臓・循環システムの調節メカニズムの解明、2)運動や自律神経刺激に対するアスリートの循環応答パターンの特徴、および3)運動トレーニングに対する生体適応現象の解明を主として行っている。
小澤 雄二
(客員准教授)
・体育・スポーツの学際的科学論I
・身体教育特殊研究A
・身体教育特殊研究演習A
1)尿中および血中成分の変動を指標とした武道のトレーニング特性の検討 2)安全で効果的な武道の指導のための用具の研究・開発 3)柔道の授業のための実践的指導プログラムの研究・開発 以上の3つの方向から主に研究を行っている。

授業担当教員

氏名
(職名)
担当授業科目
研究領域
齋藤 和也
(客員准教授)
・体育・スポーツの学際的科学論I
・身体教育特殊研究A
・身体教育特殊研究演習A
中枢における感覚運動統合の神経機構について,1)水棲動物(ヤツメウナギ、メダカ)の中脳視蓋を主な対象とした電気生理学的研究,2)ヒトの咀嚼・嚥下運動を対象とした臨床神経生理学的研究を行っている。また空気呼吸魚タウナギを対象として運動の模倣に係る神経基盤についても研究を行っている。
坂本 将基
(客員准教授)
・体育・スポーツの学際的科学論II
・身体教育特殊研究A
・身体教育特殊研究演習A
これまでは、ヒトが運動のイメージを行っているときの脳活動について、神経生理学的な手法を用いて調べてきた。現在は、主観的な身体の状態と客観的なそれとの間で誤差が生じる現象に着目し、この現象とアスリートの競技特性との関わりについて検討している。