鹿屋体育大学大学院体育学研究科修士課程では、スポーツ・武道及び体育・健康づくりにおける実践的かつ創造的で市民性、国際性を備えた高度な専門的指導者や研究者を育てるために、以下のような知識・能力を身につけ、所定の単位を修得し、かつ必要な研究指導を受け学位論文の審査及び最終試験に合格した学生に学位を認定する。なお、学位論文に代えて特定課題の研究成果とすることも可能である。

  1. スポーツ・武道及び体育・健康科学の分野における専門知識・技術の教育研究能力を身につけている。
  2. スポーツ・武道及び体育・健康づくりの分野における高度の専門性が求められる職業を担うための学識及び能力を身につけている。
  3. スポーツ・武道文化の進展及び国民の健康の増進に積極的に寄与する態度を身につけている。