本プログラムは、文部科学省の「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)」に認定されました(令和4年8月24日付)。

同制度は、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、それを適切に理解し活用する基礎的な能力(リテラシーレベル)や、課題を解決するための実践的な能力(応用基礎レベル)を育成するため、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行う大学等の正規の課程(教育プログラム)を文部科学大臣が認定及び選定して奨励するものです。

なお、認定の有効期限は令和9年3月31日までです。

鹿屋体育大学「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」(リテラシーレベル)申請書

概要

体育学部の全学生を対象とした、数理・データサイエンス・AIに関する基礎的な能力を育成するための教育プログラムです。

教育目標

「数理・データサイエンス・AI」について
①学ぶ意義・必要性を理解する。
②社会での活用、新たな価値を生み出していることを理解し、説明できるようになる。
③リテラシーを身に付ける。
④データを読み解き、分析・整理できるようになる。
⑤活用して社会の実データ・課題を読み解き、判断できるようになる。

開設授業科目及び内容

修了要件

数理・データサイエンス・AI教育プログラムを構成する科目のうち、「情報処理A」(2単位)を取得すること。

実施体制

役割委員会等
運営責任者理事・副学長(教育担当)
プログラムの改善・進化教育企画・評価室
プログラムの自己点検・評価教務委員会

自己点検・評価

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて