鹿屋体育大学では、本年度より、学生の実現したい企画を募集し、その実現を支援することにより、学生の自主性、企画力を養うとともに、キャンパスライフの充実・活性化を図ることを目的に「鹿屋体育大学学生挑戦プロジェクト」を開始しました。
 去る11月7日には、一次審査(書類審査)を通過した3件のプロジェクトの2次審査(公開による発表形式)が行われ、申請代表者である学生3名によるプレゼンテーションと審査員及び聴衆からの質疑応答が行われました。質疑応答は、様々な角度からの質問が飛び交い、それに対して学生が熱意ある回答を行うことなど、白熱したやり取りが見られました。
 発表後、審査が行われ、3件全てを採用することが決定されました。
 採用されたプロジェクトに対しては、学長裁量経費による物品支給や教員・職員によるサポートにより、その実現を大学が支援することとなります。
 また、来年2月には、今回採用されたプロジェクトの成果報告会も予定されています。
         

採用プロジェクト
学部・大学院
学年
氏名プロジェクトの件名
  学部2年 田川 浩子 屋外トレ場をもっと良い環境にしよう!
修士課程1年 木村 良輔 実技指導の総合力向上プロジェクト-スポーツ・インテグリティを求めて-
修士課程1年 青柳 唯 世界の棒高跳事情を体験するとともに、トビタテJAPANへの足がかりをつける
~オークランド工科大学への訪問~

プレゼンを行う修士課程1年 木村さん

28sotugyo

10月29日(土)・30日(日)の2日間、鹿屋体育大学の学園祭「蒼天祭」が開催されました。両日とも晴天に恵まれ、文字どおりの「蒼天祭」となりました。

 今回は「鹿屋でいいんじゃネイロ」というサブタイトルを掲げ、大喜利やフードファイトなどの今年初企画の8イベントや、ゲストライブ、ビンゴ大会、模擬店などさまざまな催しが行われました。「マッスルコンテスト」、「スポーツマンNo.1決定戦」では出場者が体大生らしい肉体を披露し、会場は大きな盛り上がりを見せました。
 また、大学開放事業として、スポーツパフォーマンス研究棟見学・体験ツアー、学長杯破魔投げ大会が開催されたほか、NIFS GALLERYではリオデジャネイロオリンピックに出場した本学関係者に関する展示が行われるなど、多様な企画で来場した方々を飽きさせない学園祭となりました。

 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。


soutensai2016.jpg

平成29年度 鹿屋体育大学体育学研究科体育学専攻(修士課程・博士後期課程)入学試験 合格者発表について

東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を紹介するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

第66号では、全日本大学対抗テニス王座決定試合の様子や文京区NIFS貯筋サークルの様子について紹介しております。

ぜひ、ご覧ください!satellite_66.pdf

競争契約及び随意契約の公表について、こちらのページをご覧ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて