本日(7月3日)の4限目以降の授業はすべて休講です。

 

また、明日(7月4日)の授業についても、鹿屋市が発令している警報が「避難勧告」及び「避難指示」を含む「レベル4」以上の場合は、休講となります。

学生の皆さんも、身の安全の確保に十分留意ください。

東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を報告するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

 

第98号では、令和元年度第2回大学説明会や、経営協議会の開催について掲載しております。

ぜひ、ご覧ください!

東京サテライトキャンパス通信 第98号

東京サテライトキャンパス通信のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

東京サテライトキャンパス通信 バックナンバー

山形県沖の地震により被害に遭われた被災地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

本学では自然災害による被災相談窓口を学生課に設置しておりますので、本人およびご家族が被害を受けられた本学学生の皆さんは、ご相談ください。

 

【相談窓口・問い合わせ先】

  学生課学生企画係
  TEL:0994-46-4882
  Mail:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

令和元年6月13日、本学にて国立大隅青少年自然の家との連携協議会が開催されました。本協議会は、平成18年度のスポーツ体験活動を通じた社会貢献及び教育研究分野の発展に寄与することを目的とした協定に基づき、毎年実施されております。

冒頭で、森司朗理事より本学での各種合同合宿における宿泊先の提供及び蒼天祭の出店等について感謝の言葉が述べられました。続いて、国立大隅青少年自然の家の國師洋之事業推進室長から、本年度の連携協力事業等について説明があり、本学と連携したバレーボール教室及び野球教室等を行うことが確認されました。その後、国立大隅青少年自然の家の看板事業である「海からのメッセージ」の実施及び大隅地域を含む鹿児島県への社会貢献活動について、活発な意見交換が行われました。

今後も、国立大隅青少年自然の家との活動を通じ、更なる連携を深めることが期待されます。

国立大隅青少年自然の家との連携協議会の様子

鹿屋体育大学・財宝産学連携寄附研究講座運営委員会が開催されました。この寄附研究講座は、スポーツパフォーマンス研究及び貯筋運動による地域活性プロジェクト研究の推進等の支援を目的として設立されたもので、平成30年度で3年目を迎えました。

最初に、本寄附研究講座運営委員会の森司朗委員長から、スポーツパフォーマンス研究センターの研究運営、貯筋運動による地域活性プロジェクトのための支援等について、感謝の言葉が述べられました。その後、平成30年度の支援に対する報告や平成31年度の事業計画について積極的な意見交換が行われ、本学の目標である研究活動の推進、社会貢献、学生の安全対策及び2020年東京オリンピックに向けての選手輩出に引き続きご支援いただくことが確認されました。

鹿屋体育大学・財宝産学連携寄附研究講座運営委員会の様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて