この春、新型コロナウイルス感染予防のため卒業証書・学位記授与式(以下「卒業式」)を挙行できず、さみしい思いをした卒業生・修了生へ心温まるメッセージが届きました。

その取り組みを発信してくださったのは、鹿屋市近隣でフリーマーケット等の市民活動を行っている隈崎かずよさん(おおすみハナマルシェ実行委員会)。隈崎さんは、この数年、地元近隣で様々な活動を行う中で本学学生とふれあい、協力し合う機会があった方。本学の卒業式中止のニュースが聞こえると「親元離れて4年間、この鹿屋で頑張ってきた学生本人や保護者の気持ちを考えると何かしたい!」という思いが沸きおこり、その日にSNS上でメッセージの募集を始めました。するとわずか3日間で全国各地から心温まる、素敵なメッセージが100件近く寄せられたため、卒業式挙行予定日に本学で行われた卒業証書配布の際にパネルにして持参し、出席した卒業生等が目にすることができました。

隈崎さんは3月31日、この日まで115件余り集まったメッセージを携えて改めて来学しました。卒業生はおりませんでしたが、この思いを受け取った松下雅雄学長は「本学の学生をこのように応援してくださって本当にありがとうございます。式は挙行できませんでしたが、今年の卒業生はお陰様でとても思い出深い卒業を迎えられたことと思います。感謝の気持ちでいっぱいです」とお礼を述べ「感謝状」を贈りました。

また、東京在住の保護者の方からお礼のご連絡もいただくなど反響の大きさに隈崎さんご自身も驚きと共に「学生一人一人がとても素直で優しいです。地元に愛される歴史があり、この結果になっていると思います」と語ってくださいました。

今年は新型コロナウイルス感染予防のためにこの春の様々な行事が中止になっておりますが、このようなご支援・ご声援をいただきましたことに心より感謝申し上げます。今後も地域に根差した大学であることを忘れず、邁進してまいります。ありがとうございました。20200401 sotugyoumese ji
写真左から宮内さん、隈崎さん、中島さんと松下学長

 

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。教職員一同、ご入学を心から祝福・歓迎します。

すでにお知らせしましたとおり、「令和2年度鹿屋体育大学入学式」を新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、やむを得ず中止することといたしましたが、松下雅雄学長から新入生の皆さんを迎える言葉をビデオレターでお届けします。

20200401 message4

※クリックでYoutubeが開きます。

学長の言葉全文(PDF)

このたび、一般社団法人大学スポーツ協会(以下、UNIVAS)が主催する「UNIVAS Awards 2019-20」のスポーツ統括部局SA賞部門で本学が最優秀賞を受賞しました。この賞は、競技成績のみならず、学業充実や安全安心、大学スポーツの盛り上げ等に著しい成果をあげ、UNIVASの理念の体現に貢献をした学生アスリートやスポーツに関わる学生、団体を表彰するもの。スポーツ統括部局SA賞部門は大学スポーツ振興に関する先進的取り組み事例を行ったスポーツ統括部局(大学)及び SA を対象としています。

本学は、平成29年度に地方型大学スポーツ振興のモデル創設を目的としてSA室を設置し、その企画立案、体制整備を行い、大学の所在する自治体である鹿屋市と一体となったモデル事業を展開し、日本初となる自治体と大学共同による地域密着スポーツブランド「Blue Winds」を平成30年度に創設しました。このたび、地域のシンボルを創造し、大学スポーツによる地域連携とブランディングにより、大学スポーツ振興に寄与したことが評価され、最優秀賞に選ばれました。

3月27日(金)に行われた表彰式は、新型コロナウイルス感染症の影響で、インターネットによるライブ配信となりましたが、受賞を知った本学スポーツアドミニストレーターからは「最優秀賞という評価をしていただき、大変光栄に思います。この評価は大学のみならず、地域の方々の支えがあってこその受賞だと思います」と喜びの言葉とともに地域の方々へ感謝の言葉が述べられました。

今後も鹿屋体育大学ではスポーツを通じた地域活性化の取り組みを進めてまいります。

※授賞式の様子はUNIVAS公式Webサイトよりご覧いただけます。

(左)Blue Windsお披露目式(右)イベントの様子(左)Blue Windsお披露目式(右)イベントの様子

イベントの様子イベントの様子

令和2年3月23日、本学にて垂水市との連携協議会が開催されました。本協議会は平成28年度に設置され、相互の連携及び協力を目的とした協定に基づき、毎年開催されているものです。

協議会の冒頭に、尾脇雅弥垂水市長と松下雅雄学長より挨拶があり、第75回国民体育大会「燃ゆる感動かごしま国体」の開催に向け、さらなる連携と協力を行うことを確認しました。

その後各担当者より報告事項について説明があり、同国民体育大会に向けた取組状況、保健事業における連携状況及びマリンパークたるみずの利用状況等について活発な意見交換が行われました。

今後、垂水市のさらなる発展と鹿屋体育大学との連携が期待されます。

協議会の様子


 鹿屋体育大学では教育、研究のために動物が実験に供されております。尊い動物の御霊に感謝し、安らかな眠りを祈るべく実験動物慰霊式を開催しました。

 慰霊の言葉より

 鹿屋体育大学実験動物慰霊式にあたり、本学の利用者を代表して、ここに謹んで慰霊の言葉を述べさせていただきます。

 令和元年度、本学において教育・研究の目的で実験に供された動物は、マウス999匹、ラット96匹を数えました。これらの尊い命の犠牲により、貴重な教育成果、および研究成果を得ることができました。

 実験動物の尊い犠牲の上に得られた貴重な情報を、社会に貢献できる成果として公表し、還元することに努めてまいります。

 最後に、教育・研究のために犠牲になられた実験動物に対し、ここに謹んで感謝と敬意の念を表し、その御霊が安らかに眠りにつくことをお祈りして、慰霊の言葉といたします。

令和2年3月12日

鹿屋体育大学 動物実験実施者 代表

吉田 剛一郎

1 saidan2 yasudaiintyou


(左)慰霊式               (右)安田動物実験小委員会委員長挨拶

3yoshidasensei

4 gakutyou

 

 

 

 

 

 

 

 (左)慰霊の言葉            (右)松下学長による献花の様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて