平成30年12月1日、2日に筑波大学で開催された日本野球科学研究会 第6回大会において、スポーツ国際開発学共同専攻修士課程2年の藤谷雄平さんが大会賞を受賞しました。

日本野球科学研究会は野球競技の普及・発展に寄与するため、野球競技に関する科学的研究を促進すること、会員相互および内外の関連機関との交流を図り親睦を深めること、指導現場と研究者間での情報の流動性を高めることを目的として活動しており、第6回大会は「子どもたちへ伝えたい~野球の未来を語ろう~」をテーマに開催されました。

今回藤谷さんが受賞した研究テーマは「野球を通じた国際開発への試み-コスタリカ共和国S野球協会の野球競技力に焦点を当てて-」(共同研究)でコスタリカの野球競技力の現状を明らかにするため、コスタリカ共和国のS野球協会の野球選手146名を対象に、球速やスイングスピードなどのパフォーマンス測定および新体力テストを実施し、結果をまとめたものです。

受賞に関し藤谷さんは、「大会賞を受賞し野球関係者の方にスポーツを通じた国際開発を認知していただいたことを嬉しく思います。この研究はまだ第一次段階のもので、今後対象地域を広げ、より探究的に調査を行い、開発途上国における野球の普及方法等を提言していきたいです」と喜びと今後の抱負を述べました。また、指導教員である山田理恵教授は「『スポーツ国際開発学』という新領域を専攻する修士課程の院生として、この領域の研究成果の蓄積に寄与できたことは喜ばしいことです。本人は本学大学院博士後期課程への進学が決定しており、研究のさらなる発展が期待されます」と激励しました。

学長表敬にて(左から松下雅雄学長、藤谷雄平さん、山田理恵教授)
学長表敬にて(左から松下雅雄学長、藤谷雄平さん、山田理恵教授)

 

少年野球教室の集合写真

平成30年12月9日、本学にて鹿児島県内の中学生を対象にした少年野球教室が開催されました。この教室は、中学生(参加者141名)と野球を通して交流することで、双方の技術と野球に対する意識の向上を図り、鹿児島県野球界の振興に寄与することを目的として、本学硬式野球部が企画したもので、今回で10回目を迎えました。

教室は、中学生がグループごとに分かれ、野球場とラグビー場では守備やバッティング、走塁などの練習、ビーチバレー場ではトレーニング講座、スポーツパフォーマンス研究センターではスイング分析や投球スピード測定、塁間走のタイム測定を行いました。当日の気温は10度以下ととても寒い中でしたが、参加した中学生は元気いっぱいで野球場には大きな掛け声が響き、生き生きと練習に励んでいました。

参加した中学生からは、「色々な測定ができて良かった」「大学生は教えるのが上手だった。守備の練習がとても楽しかった」などの声が聞かれ、本学硬式野球部員も「集中講義などで部員が少ない中、色々な方に助けていただいて開催ができた。元気に練習する中学生との交流を通して自分たちも元気をもらった」といった感想を聞くことができました。双方ともに非常に有意義な時間となり、参加者全員が同大部員とハイタッチをしながら笑顔で野球場を後にしました。

(左)SPセンターでの測定の様子(右)守備の指導の様子

 

平成30年11月27日、本学にて鹿屋体育大学と鹿屋市との連携協議会を開催しました。本協議会は、相互の人的・知的資源の交流・活用を図り、緊密な連携・協力関係の構築を目的とした協定に基づき、毎年開催しているものです。 

協議会冒頭の中西茂鹿屋市長と松下雅雄学長からの挨拶においては、「かのやエンジョイスポーツ」や「カレッジスポーツディ」等の本年度新たに始まった地域活性化のための事業の成功について、双方から喜びの言葉が述べられました。

その後各担当課から、本年度の実績報告や来年度以降の活動計画等について説明がありました。今年7月末に来学したタイ王国女子バレーボールナショナルチームとの交流や、スポーツ合宿まちづくり推進事業といった、2020年のオリンピック・パラリンピック競技大会と鹿児島国体に向けての意欲的な取り組みについて、活発な意見交換が行われました。

(左)松下学長挨拶の様子(右)中西市長挨拶の様子

平成30年11月18日、本学野球場にて東京2020応援プログラム「小宮山氏・黒木氏による野球イベント」が開催されました。

このイベントは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で野球が復活することをうけ、地域へのオリンピック教育の一環として講演会と野球教室を開催することで、オリンピックの意義について考えることを目的としたもの。講師として、千葉ロッテマリーンズなどで活躍した小宮山悟氏(早稲田大学野球部次期監督)、黒木知宏氏(野球評論家)を招き、講演会には約100名が、野球教室には鹿児島県内の中学生50名が参加しました。

はじめに講演会が行われ、2000年シドニーオリンピック野球競技日本代表の黒木氏から、シドニーオリンピックで経験したエピソードを交えながら、準備することの大切さが分かりやすく伝えられました。また、元MLBニューヨーク・メッツの小宮山氏からは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会で野球競技が復活することに至るまでの経緯やオリンピックで野球競技を行うことの意義について話されました。質疑応答では、ピンチを乗り切る時の心構えや怪我をしないための体づくりについてなど、子どもや保護者から積極的に質問があり、元プロ野球選手の貴重なアドバイスをうかがうことができた良い機会となりました。

続いて野球教室では、守備の基本動作やバッティング、ピッチャーへのピッチングの練習など、お二人から実践的な技術指導が行われました。参加者は、普段とは違うグラブさばきや足の運びに最初は戸惑っているようでしたが、熱く丁寧な指導により、徐々に思い通りの動きになっていました。 

最後に、お二人から日々の積み重ねの重要性や周囲の方々への感謝の気持ちを忘れないことの大切さについて話があった後、参加者全員と握手をして本イベントが終了しました。参加した子どもたちは大満足した様子でした。

20181118 baseball

20181118 baseball2

[左上]講演会の様子(左:小宮山氏、右:黒木氏) [右上]開会式の様子
[左下]指導の様子(小宮山氏) [右下]指導の様子(黒木氏)

 

=Blue Winds presents= タイダイの中まで行ってスイーツ!

 

Blue Windsロゴタイプのお披露目を行い、ロゴタイプの周知を図ります。併せて、鹿屋市地域住民が鹿屋体育大学の敷地を動き回り、課外活動の練習風景を見学できる場や学生とのふれあいの場を設けることで、本学と地域との「こころの距離」を縮めることを目的としています。

20181130 900 900

 

詳細は「 公式ページ(←クリック!) 」またはLINE@(下記QRコードから)をご覧ください。

LINEbluewinds

本件に関するお問合せ先は「SA室」0994-46-5059(平日10-17時)までお願いいたします。