平成31年4月15~16日、本学と交流協定を結んでいる国立体育大学(台湾)の邱 炳坤学長、黃 啓彰教授、蔡 櫻蘭 教授が、両大学における更なる共同研究の推進のために訪問されました。

邱 炳坤学長らは本学の訪問に際し、松下雅雄学長ら役員を表敬訪問しました。懇談では、松下学長から「研究交流の機会に大学院生を同行、列席させることにより研究も学生交流も推進されると考える。また、体育大学として、各種スポーツの競技力向上のために選手・コーチ・研究者の交流を今後は更に活性化させたい。」と歓迎の言葉とともに今後の交流に関する意向が述べられました。国立体育大学の邱学長はそれに応え、「(国立体育大学の)歴代の学長より鹿屋体育大学の活躍を聞いております。今後、(国立体育大学に)建設予定のプールを活用した水泳をはじめとする選手獲得や共同研究の実施等において交流を深めたい。」と共同研究への意欲を述べられ、両大学の今後の友好と発展を期待する懇談が行われました。

また、16日には、邱学長による講演会が開催されました。邱学長は、財政面における外部資金等の獲得、多様化する世界で活躍する学生の育成、そのための施設・環境整備等について幅広く講演され、本学役員からはその具体的な方法についての多くの質問があがり、今後の両大学における共同研究やスポーツ交流へつながるとても有意義な講演となりました。

さらに、訪問期間中には本学の荻田太学長補佐(学術研究・産学連携・グローバル化担当)と黃教授との共同研究に関する協議やスポーツパフォーマンス研究センター及びスポーツトレーニング教育研究センターの施設見学なども行われました。

今回の訪問を受けて、今後両大学における学生交流、スポーツ交流、研究交流が更に活発化することが期待されます。

taiwan taidai gakutyou

写真左:左から荻田学長補佐、石田理事、森理事、松下学長(鹿屋体育大学)、邱学長、黃教授、蔡教授(国立体育大学) 写真右:国立体育大学からの記念品贈呈の様子

2019かのやエンジョイスポーツ開催

4月8日(月)12時より募集開始

 

大学の最先端の施設を活用した市民参加型の運動会を実施することで、大学を核としたスポーツと地域の融合による交流人口の増加を図ることを目的としています。

53522398 412217116204140 646853264830103552 n

 

詳細は「 公式ページ(←クリック!) 」をご覧ください。

LINEbluewinds

本件に関するお問合せ先は「SA室」0994-46-5059(平日9-16時)までお願いいたします。

 

目指せ!令和初代女王!!

バレーボールを観戦・応援しよう! ~GO!GO!Blue Winds!!~

■目的

鹿屋体育大学の施設を使用した大学スポーツの試合を行うことで、地域住民が気軽に大学を訪れ、スポーツを「みる」ことと、学生を応援し「ささえる」ことの活動機会を確保する。さらに今後、充実させていくことにより、地域活性化につなげていくことを目的とする。

■概要

日  程 平成31年4月27日(土) ~ 平成31年4月29日(月・祝)

・4月27日(土) 第3試合 16時試合開始予定
・4月28日(日) 第3試合 14時試合開始予定
・4月29日(月) 第3試合 14時試合開始予定

★4月15日 時間をUPしました。

会  場 鹿屋体育大学総合体育館

内  容 「2019年度九州大学春季バレーボール女子1部リーグ大会」の観戦・応援イベント
     九州大学バレーボール連盟HP(http://www.kyushugakuren.jp/

対戦相手 4月27日(土) 福岡教育大学
     4月28日(日) 九州共立大学
     4月29日(月) 長崎国際大学

<問い合わせ先> 九州大学バレーボール連盟事務局
TEL:0994-46-4911・070-5277-4428

※タイムテーブル等の詳細は随時更新いたします。

カレッジスポーツデイ春季バレーボールポスター

株式会社財宝様ご支援により、平成30年度学内スポーツ環境整備事業を実施しました。本事業により、競技力向上に励む学生のモチベーションアップにつながっています。今年度の具体的な整備は次のとおりです。

屋外トレーニング場の事業では、床にスポーツマットを新設することにより、湿気による転倒防止対策が施されたほか、老朽化したトレーニング機器等を更新することにより、授業及び課外活動において、学生の安全対策が図られました。

海洋スポーツセンターの事業では、老朽化したレーザー級、救助用のマリンジェットや船舶陸揚げ用のウインチの整備が行われ、各種の安全対策が図られました。

大隅湖の事業では、全日本選手権や国際大会で活躍するための最新モデルのボート競技レース艇ダブルスカルが整備されました。

屋外トレーニング場整備事業(左)(中央) 海洋スポーツセンター整備事業 レーザー級(右)20190411 sportskankyoseibi1屋外トレーニング場整備事業(左)(中央) 海洋スポーツセンター整備事業 レーザー級(右)

海洋スポーツセンター整備事業 救助用マリンジェット(左)船舶陸揚げ用のウィンチ(右)大隅湖整備事業 ボート競技レース艇ダブルスカル(右)海洋スポーツセンター整備事業 救助用マリンジェット(左)船舶陸揚げ用のウィンチ(右)大隅湖整備事業 ボート競技レース艇ダブルスカル(右)

この他にも株式会社財宝様からは、鹿屋体育大学・財宝産学連携寄附研究講座、スポーツ・サイエンスキャンプ事業、Blue Windsを中心とした地域スポーツイベントの実施などの本学の様々な事業にご支援をいただき、本学の目標である教育研究活動の充実を図ることができました。この場を借りて改めて、御礼申し上げます。

20190411 sportskankyoseibi2
寄附研究講座(左) スポーツ・サイエンスキャンプ事業(中) Blue Windsを中心とした地域スポーツイベント(右)


4月5日の入学式後、本学新入生の歓迎会がリナシティ鹿屋イベント広場で開催され、新入生を含む大学関係者約280名が参加しました。この歓迎会は地元商工会議所などでつくる地域づくり交流事業実行委員会(田中俊實会長)が、新入生に地域市民との交流を通じ、鹿屋の地に早く慣れ親しんでもらおうと毎年開いているもので、今年で23回目となります。

歓迎会では田中会長が「入学おめでとうございます。今日は鹿屋のおいしい食材を十分楽しんで鹿屋での生活をスタートしていただければと思います」と開会挨拶し、中西茂鹿屋市長、松下雅雄学長の挨拶の後、同市から新入生全員へ日本最大級の規模を誇る「かのやばら園」の無料入場券が贈呈されました。

会場では、カンパチのにぎり寿司、黒牛や黒豚の炭火焼き、おにぎり、さつま芋などたくさんの料理が振る舞われ、新入生は地元の特産品を味わっていました。また、引き続き行われた本学OBによる新入生へのエールや鹿屋肝属法人会青年部会による歓迎アトラクションも大いに盛り上がり、市民の方々と親睦を深めました。

最後に、新入生を代表して、妹尾舞香さん(武道課程)から「温かい歓迎に本当に感謝しています。素晴らしい環境で大学生活が送れることがとても嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします。」とお礼の言葉が述べられ、村上潤鹿屋未来研究会代表幹事からは「新しい人生の土台として鹿屋を選んでくれたことを嬉しく思います。鹿屋体育大学がますます輝かしい実績を築いていくことを祈念します」と閉会の挨拶があり、歓迎会は盛会のうちに締めくくられました。

20190405 kangei1
左から田中会長、中西市長、妹尾さん、村上代表幹事

20190405 kangei2
会場の様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて