令和2年度 筑波大学・鹿屋体育大学共同専攻(第2次募集)の学生募集要項を公表しました!

 

スポーツ国際開発学共同専攻(修士課程)(第2次募集) 詳細はこちら

大学院大学体育スポーツ高度化共同専攻(3年制博士課程)(第2次募集) 詳細はこちら

令和元年11月29日、南日本新聞朝刊に漕艇部の四方美咲さん(スポーツ総合課程3年)とプロフィギュアスケーターの浅田真央さんとの対談が掲載されました。

これは、日本航空と南日本新聞との企画「目指せ!東京2020オリンピック・パラリンピック KAGOSHIMAトップアスリート」として鹿児島県在住の世界で活躍するアスリートと、フィギュアスケート選手として世界で活躍し、現在プロスケーターやタレントとしてさらに活躍の幅を広げている浅田さんとの対談を実現したもの。四方さんは5月の全日本選手権軽量級(女子ダブルスカル)で優勝、7月末にアメリカで行われたU23世界選手権にも出場し、今後の活躍が期待される選手として抜擢されました。

対談を終えた四方さんは、あっという間の緊張の時間を振り返り「トップアスリートとして世界で活躍された方の偉大さに感銘を受けました。競技を続けることの大変さやスケートに対する想いは、今後の私自身のモチベーションアップに繋がるとても良い刺激になりました」と語り、競技は違いますが、同じ女子アスリートとしてあふれる勇気と元気をもらったようでした。素敵な出会いをいただけた四方さんのますますの活躍を期待します。令和元年11月29日付南日本新聞朝刊の写真
(クリックで拡大できます)

令和2年度鹿屋体育大学大学院体育学研究科体育学専攻(修士課程・博士後期課程)の第2次募集を行います!

詳細はこちら(修士課程)
詳細はこちら(博士後期課程)

 

※出願の際は、必ず募集要項を入手し、添付されている願書等により出願してください。

 募集要項請求についてはこちら

 

令和元年11月16日、本学サッカー場において九州大学サッカーリーグ第21節、福岡大学との試合の応援イベントが行われました。この試合は、スペイン語で「伝統の一戦」を意味するサッカーのスペインリーグ、レアルマドリードとバルセロナの試合「クラシコ」になぞらえて九州学生クラシコと称し、九州の大学で2強となっている鹿屋体育大学と福岡大学の試合観戦を中心に様々なイベントを本学サッカー部が中心となって企画し開催したものです。

試合は約500名の観客が見守るなか11時にキックオフ。一進一退の展開の中、後半終盤に一瞬の隙を突かれ失点。その後得点のチャンスもありましたが惜しくも0-2で敗戦となり、福岡大学は九州大学サッカーリーグ優勝、本学の2位が確定しました。悔しい結果となりましたが、ゴール前の攻防では観客席からひときわ大きな歓声が上がるなど、多くの方に試合観戦を楽しんでいただけました。

また、試合観戦以外にも来場者に楽しんでいただけるよう移動販売や大隅地区の小中学生のサッカーチームの前座試合、リフティングやドリブルの記録にチャレンジするサッカーアトラクションなどが行われ、ハーフタイムには本学ダンス部とサッカー部がコラボダンスを披露し会場を盛り上げました。試合後に行われた抽選会では、本学出身のプロ選手のサイン入りグッズや地元大隅の特産品などの豪華賞品が選手より手渡されました。

本学サッカー部は11月24日に小郡陸上競技場において九州大学サッカーリーグ最終節で宮崎産業経営大学と対戦し、その後は全日本大学サッカー選手権大会へ出場します。今後も応援よろしくお願いします。

ご来場、ご声援くださった皆様、誠にありがとうございました。

試合の様子試合の様子

(左)盛り上がった抽選会(右)ダンス部とサッカー部のコラボダンス(左)盛り上がった抽選会(右)ダンス部とサッカー部のコラボダンス

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて