オンラインを活用して市民参加型の運動会を実施することで、大学を核としたスポーツと地域の融合による交流の増加を図ることを目的としています。

20210902 kanoyaenjoysports

詳細はこちら

本件に関するお問い合わせは、「SA室」0994-46-5060(平日9-16時)までお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症の感染対策として、本学又は本学の構成員が主催・共催する事業等で本学が管理する施設等を利用(使用)する際の利用要件を定めました。

公開講座や課外活動への利用者の皆様のご協力をお願いいたします。

詳細は、以下をご確認願います。

本学が管理する施設等の利用要件について(お願い)

令和3年8月29日(日)、MBCラジオ「MBCスポーツ」内のおおすみスポーツストーリーで本学の情報が取り上げられます。お時間のご都合がつく方はぜひご視聴ください。

 

 

(放送番組)MBCラジオ「MBCスポーツ」内おおすみスポーツストーリー

(放送日時)令和3年8月29日(日)18:00~

(内  容)8月13日~22日まで、群馬県の群馬サイクルスポーツセンターで開催された「文部科学大臣杯第76回全日本大学対抗選手権自転車競技大会」の女子個人ロードレースにおいて、本学の石上夢乃さん(スポーツ総合課程3年)が優勝、女子の大学対抗でも本学が総合優勝したことを受けて、石上さんがMBCラジオに出演します。インカレロード初優勝を飾った石上さんのコメントにご期待ください。

※大会から帰鹿後のPCR検査の結果が出る前の収録であったことから、今回の取材はオンラインで行われました。

※MBCラジオ「MBCスポーツ」・・・https://blogs.mbc.co.jp/sport/

20210819volleyball syuugou

令和3年8月11日~12日、男子バレーボール選手の関田誠大選手(堺ブレイザーズ)、西田有志選手(ジェイテクトSTINGS)、野瀬将平選手(ハポエル・クファル・サバ(イスラエル))およびスタッフ総勢7名が「産学官連携によるスポーツ合宿まちづくり推進事業」で鹿屋市を訪れ、本学で動作測定分析などを行いました。

来学は2日間というタイトな日程ではありましたが、本学バレーボール部の学生たちのサポートのもと、スポーツパフォーマンス研究センター(以下「SPセンター」)にて、ハイスピードカメラやモーションキャプチャーを用いたサーブやスパイクなどの動作測定分析や動画撮影を行いました。選手らは、撮影した映像を1本1本丁寧に確認しながら、SPセンターの教員を交え、自身の動作を振り返っていました。

20210819volleyball keisoku
動作測定と、SPセンターの教員と映像を確認している様子

また、8月12日には、選手らによるバレーボール教室が開催され、鹿屋市内の中学校のバレーボール部員19名が参加しました。教室では、バレーボールのジャンプをテーマに、選手が前日までに撮影した実際の動作映像を用いた解説や、中学生も実際にジャンプをしてiPadで撮影するなど実践を交えながら行われました。中学生たちからは、オリンピックの熱の冷めやらぬうちに日本代表として活躍したトップ選手らを目の前にして、緊張と興奮を隠せない様子がうかがえました。教室の最後には、選手から参加した中学生に向け、「今日学んだことを実際のプレーに活かして頑張ってください。いつか一緒に戦える日を楽しみにしています」との言葉がありました。参加した中学生は「日本を代表する選手から直接学ぶことができ、緊張したがうれしかった。教えてもらったことを今後の練習に活かしたい」と語りました。

20210819volleyball kyoushitsuバレーボール教室の様子

旅の情報誌『みちくさ』(株式会社アイロード、本社宮崎県、発行部数10万部)の2021年夏号(最新号・P22)で、「鹿児島県観光プロデューサーと行く超ディープな大隅版マイクロツーリズムみちくさの旅」と題し、本学の前阪茂樹教授の剣道の授業に鹿児島県観光プロデューサー伊牟田均氏ら数名が特別参加した様子が掲載されました。「みちくさ」は九州の「道の駅」や九州管内の空港、JR駅、物産販売所、観光施設、東京羽田空港等で手に入ります。ぜひご覧ください。

https://www.michikusan.com/02_freepaper/index.html

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて