競争契約及び随意契約の公表につきまして、 こちらのページをご覧ください。

20200117taiwanbasuke1

令和2年1月10日から1週間の日程で、台湾における高校女子の強豪校である南山高中學女子バスケットボールチームが来学し、本学女子バスケットボール部との合同練習を行いました。

バスケットボールが盛んである台湾において、南山高中學女子バスケットボール部は日本で例えるとインターハイでの昨年の優勝校です。今回の合同練習は、昨年、本学女子バスケットボール部が競技力向上のための対戦相手を求めて台湾に強化練習に出向き多くの高校や大学のチームと強化練習を行った際の交流がきっかけに実現したものです。
来訪の挨拶を受けた本学の松下雅雄学長は「高校生と言っても強豪校と聞いている。お互いに刺激し合って充実した時間にし、今後も交流が続くことをぜひ期待します。」と激励の言葉をかけました。南山高中學の李陸臻監督は「次回も優勝できるような練習にしたい」と意気込みを語りました。

期間中の合同練習は、双方片言の言語やジェスチャーを交えながらの異文化コミュニケーションも体験しながら、互いのチームが良い影響を受け合って取り組める充実の時間となりました。今回の交流を通して木葉一総監督は「1週間でしたが上達が早かった。本学の部員もすべてが良い経験でした」と語り、本学部員の島川帆乃花さん(スポーツ総合課程2年)は「強い練習相手が来てくれたこと自体もうれしく、また人に教えると自分たちの日ごろの練習方法等を見直せるのでとても良い機会になった」と充実の合同練習だったことを振り返りました。

20200117taiwanbasuke2

(左)松下学長表敬訪問にて(右)SP研究センター見学にて

20200117taiwanbasuke3

合同練習試合の様子

20200106 Jsoccer

令和2年1月5日、鹿屋体育大学のスポーツパフォーマンス研究センター(以下「SP研究センター」)において、本学OBを主とするJリーガーによる新春Jリーガーサッカー教室が開催されました。この教室はサッカーの発展や地域貢献を目的に、鹿屋市と本学が連携・協力して行う「スポーツ合宿まちづくり推進事業」の一環として行われ、シーズン前のトレーニング及び体力強化等のために本学を訪れた本学OB等のJリーガーが、将来のJリーガーを夢みる小学生の子どもたちと触れ合いました。

FCティアモ枚方の田中英雄選手、鹿児島ユナイテッドFC(~2019年)の中原優生選手、レノフア山口の吉満大介選手、清永丈瑠選手の4名が約80名の参加者を高学年と低学年に分けて担当し、ウォーミングアップから基礎トレーニングなどひとりひとりに声をかけ丁寧にアドバイス。最後に行われたミニゲームでは教わったことを生かして子どもたち全員が積極的にボールを追いかけました。田中選手と清水選手がゲームに参加した高学年チームでは、プロ選手が目の前で繰り広げる洗練されたドリブルやパスに目を輝かせながら、ボールカット等を試みる姿が見受けられました。

教室の最後には、今日のMVPとして各選手が1名ずつ選んだ4名にサイン入りシューズやユニフォームをプレゼント。さらに、すべての選手がサインや写真撮影に時間の許す限り笑顔で応じ、多くの子どもたちと一緒に見学の保護者までが大にぎわいとなりました。

また、今回で8回目の参加となる田中選手は、「このような教室に呼んでいただけることは選手にとってもありがたいこと。4年間お世話になった鹿屋に恩返しできればと思っているので、今後も続けていきたいと思う」と話すなど、この合宿を楽しみながら、シーズンへの鋭気を養う充実の機会になっているようでした。

20200105 Jsoccer3
低学年チームの指導を行う吉満選手(左)と中原選手(右)

20200105 Jsoccer4
ミニゲームに参加する田中選手(左)と清永選手(右)

20200105 Jsoccer2
(左)MVPの4名と(右)練習着やボールにサインをもらい大喜び

令和元年12月21日、22日に開催された日本フットボール学会17回大会において本学の甲斐智大特任助教(スポーツパフォーマンス研究センター(以下「SP研究センター」)所属、本学OB)が、若手研究者の中で優秀な研究発表者へ贈られる学会奨励賞を受賞しました。

今大会のテーマは「フットボールの戦術と体力」で32名が口頭発表を行い、10名の若手研究者の中から2名が受賞しました。研究演題は「速度ベクトルを用いたサッカー選手の試合中における方向転換の定量」で、甲斐特任助教と髙井洋平准教授(鹿屋体育大学スポーツ生命科学系)が共著で発表しました。今回の研究内容は本学のサッカー部が過去3年間に行った公式戦のデータを基に、選手の位置座標から算出した速度ベクトルの向きの変化量を方向転換した角度と定義し、その特徴を定量したものです。この研究は、ミズノ株式会社との共同研究のアイディアと、鹿児島ユナイテッドFCからの現場における選手の評価に関する意見を組み合わせて遂行されました。

これまでは映像から試合時の方向転換の回数が分析されてきましたが、SP研究センターにおけるZXY Sports Tracking System(カイロンヘイゴ社)を活用したことでより精度の高い方向転換の定量化が実現しました。サッカー選手の、ゴールを狙うための加速の瞬間など、攻守さまざまなシーンに選手がどの方向に進みながら加速していくのかを科学的に明らかにすることにより、チーム戦略や体力的な課題解決等に結びつけることが可能となり、今後の戦術の一助となることが期待されます。

受賞報告を受けた松下雅雄学長は「従来の目の前で起きた技・結果を説明してきた時代から、現代は科学的根拠を技術や戦術に結びつけるような時代となってきた。SP研究センターを大いに活用して、これからも新しい時代に合った論文を発表してほしい」と期待を込めた言葉を添えて賞賛しました。

甲斐特任助教は「研究に携わってくれた方々の知識と、現在のSP研究センターの世界的にも稀有な設備や機器等を十分に活かせたことが、今回の受賞とつながりました。アイディアやご支援をいただいた多くの方に感謝しています。今回の発表が現場に役立つように、今後もさらに追及していきたい」と抱負を述べました。

(左)学長報告にて(右)速度ベクトルの向きと変化量

集合写真

令和元年12月15日、東京2020応援プログラム「ヨーコ・ゼッターランドさんとのバレーボールイベント」が鹿屋体育大学公開講座として開催されました。この講座は、東京1964大会から正式種目に採用されたバレーボールを、再び東京でオリンピックが開催されるこの機会に、イベントを通じてスポーツの価値について考える、オリンピック教育の一環として開催したもの。バルセロナオリンピック女子バレーボール銅メダリストで、本学大学院修了生でもあるヨーコ・ゼッターランドさんを講師にお招きし講演と実技教室の2部制で構成、約140名が訪れました。

「Nice try & Good job」と題した講演では、生い立ちからメダリストとなるまで道のりや、トップアスリートとしての日常の姿勢や生き方を通して、目の前のチャレンジに精一杯向き合う姿勢や諦めない心を「TRYOUT~チャンスをください~」や「Nice try~失敗を成功に繋げるために~」というキーワードと共に、参加している子供たち向けに言葉を選んで、丁寧に話されました。参加者からの「練習の雰囲気をよくするには」「声をだすには」「勝つためには」といった質問にも、具体的な例を示しながら答え、「早速、次の実技教室でも実践しよう」と笑顔で答えられました。

実技教室では体を温める導入運動から、バレーボールの基本の「き」となるような足の動きやパスの動作を参加者が楽しみながらできる動きで指導。講演のなかで毎日の練習も試合の時と同じように一瞬一瞬を大切に向き合うことや「できない」「無理」等全体の士気がさがる言葉を発しないことなど、3時間近くの教室のなかでヨーコさんが貫いてきた強くなるための動きや考え方の繊細な部分までの訓練が始終盛り込まれた、充実の教室となりました。

最後に、自分の持ち物の中から好きなバレーボール用品を選んでヨーコさんからサインを頂きながら「楽しかった」「参加してよかった」と感想を口にし、笑顔も倍増した子どもたちが多く見られ、バレーボールを通じてスポーツの魅力や楽しさが十分伝わったイベントになりました。

20191215 volleyball3

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて