参加者のみなさんと集合写真

令和元年10月26日、本学103教室において東京2020応援プログラム「宮下純一氏による講演会~出会いに感謝 思い続けたオリンピック~」が開催されました。

この講演会は学生や一般市民等を対象に、来年に開催が迫った東京2020オリンピック・パラリンピック関連の情報発信と理解を深めてもらうことを目的として、大学院体育学研究科修士課程1年の木原沙織さんを中心に学生主体で企画されました。講師として、鹿児島県出身の北京オリンピック競泳男子400mメドレーリレー銅メダリストで、現在はスポーツ解説者やタレントとして活躍している宮下純一氏を招いて行われました。

当日鹿屋に到着した宮下氏は、講演本番に先立ち本学屋内実験プールを訪れ、自分たちの目標達成のために厳しい練習を日々重ねている水泳部員を前に、自身の大学生活の話を交えながら、選手として応援されることが大事であること等を話し、部員からの質問にも気さくに答えていました。

その後に構内教室で行われた講演会では、日本選手権や北京オリンピック競泳決勝時の映像とともに実物の銅メダルを披露しました。水泳を始めたきっかけは、幼少期に水が大嫌いで幼稚園の先生から両親にスイミングスクールへ通わせることを勧められたためであったことや、順調に記録が伸びていた学生時代から全く記録が伸びなくなったプロ時代を経験しながら北京オリンピックで銅メダルを取るまでの軌跡について、途中で会場の学生らとの会話も楽しみながら、夢を叶えるためには明確な夢を持ち続けてあきらめないことや、人との出会いを大切にすることが大事であると話しました。講演会の最後には、宮下氏を囲んで参加者全員と記念撮影を行いました。

(左)銅メダルを披露する宮下氏(右)屋内実験プールにて宮下氏を囲んで水泳部員と記念撮影
(左)銅メダルを披露する宮下氏 (右)屋内実験プールにて宮下氏を囲んで水泳部員と記念撮影

鹿屋体育大学の加地智哉さん(体育学研究科修士課程体育学専攻1年)が、10月19、20日に行われた「日本水泳・水中運動学会年次大会」における一般口頭発表部門で奨励賞を受賞しました。本会の一般口頭発表では、専門学校生や大学院生ら14名が自身の研究について発表し、3名が受賞しました。

加地さんは、学部生時代からどうやったら速く泳げるか、その理論を追及しており、指導者や選手へ数値や映像を用いたフィードバックが競技力向上に繋がるとの思いを胸に研究に勤しんでいます。今回の発表内容は「間欠的全力クロール泳時の泳動作と手部にはたらく流体力の変化」と題し、水中モーションキャプチャと圧力分布計測を併用することで、25mのクロール泳を4回全力で泳ぐ中、試技回数を重ねることで泳動作と推進力がどのように変化したかを分析しまとめたものです。発表の際にも、モーションキャプチャと圧力分布計測から得られたデータそのものだけでなく、データ取得方法等にわたって多くの質問が寄せられました。学会参加者からの興味・関心も高くそれらが評価されての受賞となりました。  

受賞報告をした松下雅雄学長から「最近は海外の水泳選手も測定やトレーニングに訪れているように、本学のプール環境・設備等は整っていることを十分活かして、今後もしっかり研究に励んでください」とさらなる活躍を期待する声をかけられました。加地さんは「このような賞をいただけたことは本学の環境の良さはもちろんのこと、荻田先生、萬久先生、角川先生をはじめとしてご指導いただいた先生方のご協力によるものであり、心から感謝しています。今後はグローバルな世界でも活躍できるようさらに精進します」と今後への意欲をみせました。

左から萬久博敏准教授(水泳部監督)、加地さん、松下学長、荻田太教授(指導教員)左から萬久博敏准教授(水泳部監督)、加地さん、松下学長、荻田太教授(指導教員)

みんなのタイムトライアル終了後、参加者と陸上競技部員で記念撮影

令和元年10月13日に市民向けの運動イベント「みんなの貯筋&ウォーキング2019」及び「みんなのタイムトライアル2019」が本学陸上競技場において開催されました。

「みんなの貯筋&ウォーキング」では4歳から86歳までの88名が学内に設定した約3kmのコースをウォーキングしながら、途中に設置された健康や鹿屋体育大学に関するクイズに挑戦しました。クイズや上り坂には苦戦しながらも、他の参加者やイベント補助の学生と楽しくワイワイ話しながら3kmを歩き切りました。ウォーキングのあとはクイズの答え合わせで盛り上がり、最後はみんなで貯筋運動を行いました。高校の友達同士で参加した竹田さんは「体育大に初めて入って学内を歩いてみて、とても広くて驚いた。プリンを目当てに参加したイベントで歩くのは少し疲れたけど、色々な人と話せてとても楽しかった」と笑顔で語りました。

引き続き16時より行われた「みんなのタイムトライアル2019」では7歳から59歳、「走るのが久しぶり」という方から県下一周駅伝に出場するような方まで参加者52名が自分の設定したタイムを目標に陸上競技場の全天候型トラックを走りました。各レースは本学陸上競技部員がペースメーカーとして先導し、参加者のみなさんが自分の目標タイムに少しでも近づけるよう、タイムを伸ばせるようにサポートを行いました。ペースメーカーのサポート、司会のMBCアナウンサー松木圭介さんの軽快な実況、看板をバンバン叩くにぎやかな応援の甲斐もあって目標タイムを大幅に更新する参加者が続出。走り切った参加者の顔は達成感であふれていました。このイベントに参加するためにはるばる北九州から来たという本学4期生で陸上競技部OBの山根英明さんは「走っている途中で火がついて必死に頑張りました。20数年ぶりにトラックを走ることができてとても楽しかった」と久しぶりの母校での挑戦を笑顔で振り返りました。イベントの最後には鹿児島牛肉や鹿屋市の特産品が当たるお楽しみ抽選会も実施しました。

2つのイベントで大いに盛り上がった1日となりました。今後も鹿屋体育大学ではスポーツを通じた地域活性化の取り組みを続けていく予定です。

みんな貯筋&ウォーキングの様子みんなの貯筋&ウォーキング

みんなのタイムトライアルの様子みんなのタイムトライアル

藤光選手と陸上競技部の記念写真

オリンピアンで、2017年世界選手権4×100mの銅メダリストの藤光謙司選手(ゼンリン)が鹿屋体育大学のスポーツパフォーマンス研究センター(以下SP研究センター)において動作分析測定を行いました。

藤光選手が本学同センターで測定するのは2019.9月に続き2回目です。元国立スポーツ科学センター所属時代に動作分析を一緒に行い、現在は本学の非常勤研究員である松尾彰文教授のサポートが得られること、SP研究センターに設置された世界でも類を見ない50mのフォースプレートに魅力を感じての来学となりました。

33歳という年齢を迎えた藤光選手が「若い時からの変化に対応し、今自分にできることの最大限のパフォーマンスをするため、走り全体を見直したい」との思いから今回の測定になりました。最近重ねてきたトレーニングの疲労が抜けきれていない中にもかかわらず、実際の走りに近いデータが得られる50mフォースプレートを走るごとに、わずかな改善点を見つけ、それを次の走りで修正してみせた藤光選手。トップアスリートの世界の対応力を見せつけられた測定でした。

 測定後には「遠い鹿屋の地でも『来ること』に何かしらの意味があると考えるタイプ。いろんな経験を積み、今の自分は何をすべきか少し客観視できるようになった。まだまだ高み目指したい」と何事もポジティブに捉えながら、努力し続けるトップアスリートの思いを語りました。

本学での測定・分析が藤光選手の夢の実現につながることを期待し、今後のご活躍を応援しています。

SP研究センターでの測定の様子

バレーボール、バスケットボールを観戦・応援しよう!
~GO!GO!Blue Winds!!~

※10/19 タイムスケジュールを更新しました

■目的

鹿屋体育大学の施設を使用した大学スポーツの試合を行うことで、地域住民が気軽に大学を訪れ、スポーツを「みる」ことと、学生を応援し「ささえる」ことの活動機会を確保する。さらに今後、充実させていくことにより、地域活性化につなげていくことを目的とする。

■バスケットボール

日  程 令和元年10月19日(土)~20日(日)

・10月19日(土) 【女子】13時20分試合開始予定
                        【男子】15時試合開始予定
・10月20日(日) 【女子】10時40分試合開始予定
         【男子】17時20分試合開始予定

会  場 鹿屋体育大学総合体育館

内  容 「第26回全九州大学バスケットボールリーグ戦」の観戦・応援イベント

対戦相手 19日(土) 【女子】13:20~試合開始 日本経済大学
                              【男子】15:00~試合開始 東海大学九州           
     20日(日) 【女子】10:40~試合開始 福岡大学
                              【男子】17:20~試合開始 九州共立大学

そ の 他 19日、20日はランチバイキングを実施(11時~13時30分)
      20日は鹿屋市主催の「スポーツフェスタ in かのや」が開催

■バレーボール

日  程 令和元年10月12日(土)~14日(月・祝)

・10月12日(土) 14時試合開始予定
・10月13日(日) 14時試合開始予定
・10月14日(月) 14時試合開始予定

会  場 鹿屋体育大学総合体育館

内  容 「令和元年度九州大学秋季バレーボール女子1部リーグ大会」の観戦・応援イベント     

対戦相手 12日(土)   西南女学院大学
     13日(日)   長崎国際大学
     14日(月・祝) 福岡大学 

そ の 他 13日、14日はランチバイキングを実施

※・タイムテーブル等の詳細は随時更新いたします。
 ・お車でお越しの際はできるだけ乗り合わせてお越しください。
 ・当日は記録と広報のため、撮影させていただきますので、ご了承ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて