「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について(5/27更新)

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるアルバイト収入の減少などにより修学に支障をきたす学生を緊急に支援するため、『学生支援緊急給付金』が創設されました。希望される方は、以下に掲載する「申請の手引き」等を確認のうえ、申請ください。

 (参考)文部科学省:「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』について こちら
 

1.支給対象者の要件
 詳細については、上記の「申請の手引き」をご確認ください。審査につきましては、申請内容を踏まえて大学において総合的に判断致します。

2.申込方法(①、②のいずれかの方法で申し込んでください。)
①スマートフォンからの申請 
 5月27日に、各学生向けにメールでLINEを利用した申請システムを案内します。メールで案内したQRコードから申請システムにアクセスし、申請してください。(必要書類も申請システムから画像データで提出できます。)
※QRコード表示用URLについては、学生向けにメールで通知します。不明な場合は、学生課生活支援係へお問い合わせください。

(6/1更新)
※QRコード表示用URLについては、鹿屋体育大学教務システム(https://esv.nifs-k.ac.jp/)内の掲示板からも確認できます。(学内からのアクセス限定、ログインが必要です。)大学からのメールが届かない場合は、教務システムの「本人申請情報」に登録したメールアドレスが間違っていないか、メールの転送設定をしている場合は、設定内容に間違いが無いか確認してください。

※大学院生については、6月1日に大学のメールアドレス(学籍番号を含むメールアドレス)宛てに、申請システムの案内メールを再送しています。

QRコードが確認できない場合等は、学生課生活支援係へお問い合わせください。

  申込案内動画:

②紙媒体での申請
 ①の申請システムを利用できる環境がない場合等は、上記の様式1・様式2の書類を印刷し、記入のうえ、必要書類とともに持参もしくは郵送で学生課生活支援係に提出してください。
   (郵送で提出する場合の送付先) 〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地
                         鹿屋体育大学学生課生活支援係学生支援緊急給付金担当 宛 

3.申込期限 

   令和2年6月12日(金) 17時15分 ※郵送の場合は当日必着

※支給の決定については特に通知されません。振込口座への振込をもって支給の決定通知に代えます。

4.給付奨学金、貸与奨学金(第一種奨学金)の申込について

 支給対象者の要件に記載のある高等教育の修学支援新制度(給付奨学金)・日本学生支援機構奨学金(第一種奨学金)を申込希望の方は、6月19日(金)までにお申し込みください。申込資料は学生課生活支援係で配付しています。   
 なお、奨学金のお申し込みの際は、下記より申込資格等をご確認ください。

  (参考)文部科学省:高等教育の修学支援新制度 こちら  
     日本学生支援機構:貸与奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金) こちら
              給付奨学金 こちら

 

新型コロナウイルスの影響による経済支援相談窓口

相談窓口:学生課生活支援係
TEL:0994-46-4888
E-mail:gaku-s3(at)nifs-k.ac.jp ※(at)を@に置き換えてください。
(本ページに掲載する奨学金、授業料免除のほか、経済支援全般についての相談窓口となります。申込みに必要な証明書類が揃っていない段階でも、まずはご相談ください。)

 

日本学生支援機構奨学金(給付・貸与)

高等教育の修学支援新制度(給付奨学金)における、家計急変による申込み

予期できない事由により家計が急変し、緊急に支援の必要がある場合には、家計急変後の所得の見込みにより家計急変採用の申込みを行うことができます。

 【家計急変の事由】

A:生計維持者の一方(又は両方)が死亡
B:生計維持者の一方(又は両方)が事故又は病気により、半年以上、就労が困難
C:生計維持者の一方(又は両方)が失職(非自発的失業の場合に限る。)
D:生計維持者が震災、火災、風水害等に被災した場合であって、次のいずれかに該当
 (1)上記A~Cのいずれかに該当
 (2)被災により、生計維持者の一方(又は両方)が生死不明。行方不明。就労困難などの世帯収入を大きく減少させる事由が発生

〇新型コロナウイルス感染症に係る影響によって家計が急変した場合は、上記Dに類するものとして取り扱います。

【申込時期】

随時(急変事由の発生後3ケ月以内に申込み)
〇新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、当分の間、申請日の属する月から支給開始できるよう運用拡充。

【支援開始時期】

随時(認定後速やかに支援開始)

 家計急変採用について、詳細は以下のWEBサイトをご覧ください。

 日本学生支援機構ホームページ内

 ・給付奨学金(家計急変)

 ・新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援

給付奨学金につきましては、高等教育の修学支援新制度により授業料免除と合わせて申請いただくことを前提としております。

 

貸与奨学金における、家計急変による申込み(緊急採用・応急採用)

日本学生支援機構が実施している、貸与奨学金(第一種奨学金(無利子)・第二種奨学金(有利子))については、家計が急変した学生等を対象に緊急採用・応急採用を行っています。新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けた世帯収入の減少等により、支援が必要となった学生等についても、緊急採用・応急採用への申込みを随時受け付けています。申込希望の場合は、担当窓口へご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けての給付奨学金及び貸与奨学金の申込み(在学採用)

新型コロナウイルス感染症による影響を受けて、生計維持者の収入等に大きな変化がないような状況においても、学生等のアルバイト収入の減少等により 、新たに給付奨学金・貸与奨学金の利用を希望される場合には、「在学採用」により申込みを受け付けております。申込希望の場合は、令和2年6月19日(金)(※申込期間を延長しました)までに担当窓口へお申し出ください。

 

授業料免除申請(家計急変)

新型コロナウイルス感染症による影響を受けて、家計急変により授業料の納付が困難な学生について、前期分授業料免除申請を受け付けています。なお、学部学生は原則として「高等教育の修学支援新制度(家計急変)」による申請となるため、本制度は、新制度の申込資格を持たない学部学生及び大学院生が対象となります。

【お知らせ】

東京都における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため東京サテライトキャンパスについては、一時閉鎖をしておりましたが、6月1日(月)から業務を再開いたします。6月18日(木)までは、開館時間は11時から16時までとなります。

なお、今後の状況においては変更もありますので、当ホームページでご確認ください。ご理解とご協力をいただきますようお願いいたします。

令和2年6月1日、KTS「LIVE NEWS」にて本学の情報が取り上げられます。
お時間のご都合がつく方はぜひご覧ください。

         記

(放送番組) KTS「LIVE NEWS」

(放送日時) 令和2年6月1日(月)18:14~

(内  容) 湘南ベルマーレに内定したサッカー部根本凌さんについて
       内定が決まったときの気持ちや今後の目標などのインタビュー
       出演:根本さん、塩川監督

取材の様子取材の様子

 

番組の都合により内容が変更になる可能性があります
※LIVE NEWS・・・https://www.kts-tv.co.jp/news/

 

鹿屋体育大学附属図書館およびNIFS GALLERY利用における新型コロナウイルス感染症拡大防止の対応について下記のとおりといたします。
ご不便をお掛けしますが、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
なお、今後の状況により、変更する場合があります。最新の情報は、大学ホームページ、図書館ホームページにてお知らせします。

鹿屋体育大学附属図書館長

学外・一般のみなさま

4月3日(金)から当面の間、学外者の利用をお断りさせていただきます。

学内のみなさま

緊急事態宣言等に伴う新型コロナウイルス感染症対策について【第 3 報】 を受けて

5月11日(月)より当面の間

図  書  館(1階、2階閲覧室、NIFSラコモ、パソコン室)、NIFS GALLERYについて

平日:9時-17時 利用可 といたします。

発熱等体調がすぐれない人の利用はお断りします。
入館時、手指をアルコール消毒し、マスク着用を必ず行ってください。
3密を避ける観点から、対面での着席や会話をしながらの利用は禁止します。
利用する机、椅子は消毒液での消毒をしてから利用してください。
定期的に職員による換気を行います。

図書館サービスについて

■他大学等への文献複写依頼
 WEBからの申し込みに限り受け付けます。

※教員のみなさま
 授業教材準備等のため、資料が必要な場合、図書サービス係までご連絡ください。

 

お問合わせ先
鹿屋体育大学附属図書館 図書サービス係
[電話]0994-46-4874

新型コロナウイルスの影響で日常生活の自粛が要請され、老若男女問わず運動不足による健康への二次被害が懸念されています。このたび鹿屋体育大学生涯スポーツ実践センターの中垣内真樹センター長が中心となって大学所在地近隣の花岡地区(5町内会)にウォーキングコースを設定しました。地域貢献の一環としてコース内にある町内会や小・中学生へコースマップを配布し、運動不足解消を呼びかけました。

ウォーキングコースは3つの拠点をスタート・ゴールとして、3~4kmの健脚コースと2.6~2.7kmのお手軽コースがそれぞれに設定されています。さらに地域への愛着を深めてもらおうとミッションをクリア(地域の謎解き)しながら楽しく歩けるように工夫されています。

学校からマップが配布された週末、マップを手に早速姉妹でチャレンジしてみた小学生からは「良い感覚でミッションがあるから、長い距離も楽しみながら歩けました。町内のことも知ることができ、いい運動にもなってよかったです」との感想が聞かれました。

「ウォーキングは体や心のリフレッシュに有効です。新型コロナウイルス感染防止対策は怠らないようにしながらも楽しい企画・情報発信ができないかと考えてミッションウォーキングマップを作成してみました。ふるさとの史跡や本学、自然を満喫しながら歩けるこの地区ならではのコースマップが作成できました。個々の健康のため、家族のコミュニケーションのため、地域愛を育むための一助となれば」と中垣内教授は思いを話しました。
マップはこちら「ファンウォークマップ」からどうぞ♪

史跡を巡りながらのウォーキングの様子
マップを手に姉妹でチャレンジする様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて