集合写真

4月3日~4日、本学スポーツパフォーマンス研究センター、サッカー場および野里運動公園サッカー場(鹿屋市)にて日本版NCAA『KANOYAモデル』事業“U15KANOYAサッカーフェスティバル”を開催しました。

このイベントは、大学スポーツを通して地域活性化を目指す「日本版NCAA『KANOYAモデル』」の取組の一つとして、大学内の宿泊施設に1泊2日の宿泊を伴う日程で開催したもので、鹿児島県内のU15のサッカーチーム4チーム、約100名が参加しました。

2日間にわたり総当たり形式で行われた試合の決勝戦は、鹿児島ユナイテッドFC vs FCアラーラ鹿児島 で熱戦が繰り広げられましたが、1対1の引き分けで終了。結果、全試合の得失点差でFCアラーラ鹿児島が優勝となりました。

試合の写真 width=840
試合の様子
結果表 width=840

イベント1日目の夜には、現在サッカーや水泳など多くのトップアスリートのトレーナーとして活躍されている「木場克己氏(KOBAスポーツエンターテインメント株式会社)」の講演会~怪我をしない体つくりとパフォーマンス向上の体幹バランストレーニング~も併せて開催されました。こちらは、サッカーフェスティバル参加者及び一般の方々も広く参加でき約200名が集まり、体幹を鍛えることがアスリートのパフォーマンス向上につながることや老化防止にも役立つことについて演習を交えながらの講演となりました。終了後は、「日常生活のちょっとした時間や子どもたちでも簡単にとりいれられるトレーニングだったのでありがたい」「理学療法士をしており、介護の現場でも役立てます」と参加者の声が聞こえる有意義な講演会となりました。

木場トレ写真

ご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。 今回のイベントが、今後スポーツ及び本学に親しんでいただくきっかけとなれば幸いです。