このたび、鹿児島ユナイテッドFCと鹿屋体育大学は、プロサッカー選手における試合時の移動データの

特徴に関する共同研究契約を締結しました。

この研究は、選手の試合時の移動データを、Global positioning system(GPS)を用いて計測し、総移動距離、速度帯域別移動距離、高速度での移動の向きなどを定量することで得られたデータをトレーニングに活かし、選手のパフォーマンスを向上させようとするものです。

5月11日、本学にて共同研究契約締結に関する記者会見が行われ、鹿児島ユナイテッドFCから徳重剛代表及び登尾顕徳GMが、本学から松下雅雄学長、髙井洋平准教授及び甲斐智大特任助教が出席。研究責任者である髙井准教授による共同研究の概要説明等がありました。会見には多くの報道陣が集まり、活発な質疑が行われるなど関心の高さがうかがわれました。

記者会見の様子

左から甲斐特任助教、髙井准教授、松下学長、徳重代表、登尾GM