6月22日~24日、山口県の維新みらいふスタジアムで行われた第102回日本陸上競技選手権大会の女子5000mにおいて、本学卒業生の鍋島莉奈さん(2016年3月卒業、日本郵政グループ)が見事優勝(2連覇)を果たしました。これにより、鍋島さんは今年8月18日からインドネシアで行われる第18回アジア競技大会の日本代表入りを決めました。

また、在学生では高木駿一さん(スポーツ総合課程3年)が男子800mで4位、許田悠貴さん(同4年)が男子三段跳で7位と、2名が入賞を果たす活躍をみせました。

ご声援くださった皆様、誠にありがとうございました。