平成31年4月22日、輝北ダム平房公園において新艇ダブルスカル2艇の進水式を執り行いました。進水式とは、ローイング艇を初めて水に触れさせる儀式で、漕艇部部員が安全祈願を行いました。

昨年度購入した2艇は、大隅湖の流木の影響でなかなか艇を浮かべることができませんでしたが、本年は多くの皆様のご協力により、待ちに待った進水式を輝北ダムで実現させることができました。漕艇部主将の末次航平さん(スポーツ総合課程4年)は「今回新艇を購入していただけたことにより、最新の艇でレースに臨めることを大変うれしく思います。新艇に乗れることに感謝し、出漕する大会で良い報告ができるよう漕艇部一同、練習に励んで参ります」と喜びと感謝の言葉を述べました。


漕艇部はこの2艇を使用し、5月23日、26日に埼玉県戸田ボートコースで行われる全日本選手権に出場します。応援よろしくお願いいたします。

※この度進水式を行った2艇は、株式会社財宝様のご支援により行った平成30年度スポーツ環境整備事業の一環として整備されたものです。この場を借りて改めて感謝申し上げます。
進水式の様子

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて