令和元年5月23日~26日、戸田ボートコース(埼玉県戸田市)で行われた第97回全日本選手権大会において、本学漕艇部の四方美咲さん(スポーツ総合課程3年)、谷口智佳子さん(同2年)が軽量級女子ダブルスカルで見事優勝を果たしました。本学漕艇部の同大会における優勝は1993年以来26年ぶりの快挙です。

大会後、四方さんは「大学入学当初から目標にしていた全日本選手権での優勝が叶ってとてもうれしいです。この勢いのまま日本代表に選出され、世界大会に出場するという目標も達成できるよう今後も練習に励みます」と、谷口さんは「練習環境を整えてくださった鹿児島県ボート協会の方々をはじめ、たくさんのご支援、ご声援があってこの優勝に繋がったと思います。今後は日本代表入りを目指すと共に、日々練習に励みます」と喜びと次の目標への決意を語りました。

ご声援いただいた皆様、誠にありがとうございました。

(左)優勝が決まった直後の様子(右)左から四方さん、谷口さん、漕艇部顧問教員の中村准教授
(左)優勝が決まった直後の様子(右)左から四方さん、谷口さん、漕艇部顧問教員の中村准教授

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて