鹿屋体育大学硬式野球部は、ソフトバンク株式会社(代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)と、日本初※1となる離島でのICTを活用した遠隔での部活動支援の試験運用を、2019年12月17日から徳之島(鹿児島県奄美群島)で開始しました。

この取り組みは、鹿屋体育大学にあるスポーツパフォーマンス研究センター(スポーツ現場の実践知を科学的エビデンスとして創出・蓄積し、活動の場へ還元するスポーツパフォーマンス研究を行う施設)を訪れたソフトバンクの関係者が、その魅力からヒントを得て考案し、今回実施に結びついたもの。部員の半数程が教員や指導者志望である硬式野球部にとって高校生への指導に実践的に関われることや地域貢献活動の一環としてなど、自分たちのキャリア形成としても価値の高いものと捉え、積極的に関わる体制がとられました。

試験運用としては、徳之島高校野球部員や指導者が日常の練習での悩みや練習法を取り入れたい時などに、タブレットにて撮影した動画を鹿屋体育大学野球部員あてに配信します。動画を受け取った野球部はその悩みや質問、効果的な練習法などを担当の部員が、動画への書き込み、コメントの吹込み、動きのコツなどをつけてアドバイス・回答することで動作の改善点を伝える仕組み(下図参照)。指導者の人数,練習試合の回数や多くの人脈とのかかわりに制限がある離島を多く有する鹿児島県にある大学として、離島における部活動現場の悩みやニーズの一助となるべく今後さらに、ソフトバンクとの連携・ご協力をいただきつつ、硬式野球部員一人一人のパフォーマンス研究と競技力向上等にも努めながらこの運用を本稼働できるように目指します。

※1 2019年12月5日現在(ソフトバンク調べ)

取り組みの関係図

本学野球部がタブレットで動画を確認する様子送られてきた動画をタブレットで確認しアドバイスを相談する本学硬式野球部員

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて