5月3日~5日、本学を会場に開催された「九州大学バレーボール春季女子1部リーグ大会」を本学の「開学四十周年記念事業『記念体育・スポーツ事業等』」としても開催させていただきました。

今大会は新型コロナウイルス感染症防止対策として、大会実施のための各種ガイドライン等に基づく対策、試合中の選手のマスク着用推奨及びボール・リトリバーによる待機ボールの消毒等の徹底が図られ、無観客で開催しました。どの大学の選手も試合が出来ることを喜びながら、大声を出さずに自分たちを鼓舞したり、大きなジェスチャーでコート内へエールを送るなど工夫を凝らしている様子が伺えました。

また今回は、無観客での開催となり会場へ来ることが出来なかった関係者や各地のファンの方へお届けするため、九州大学バレーボール連盟主導でYouTubeにて生配信されました。さらに5日の2試合目(本学vs福岡大学)は、本学と鹿屋市との連携事業“Blue Winds presents.2021カレッジスポーツデイ”として本学教職員が実況解説をしながらの配信を初の試みで行い、視聴者からは「全日本試合のTV中継のようで分かりやすかった」、「白熱した試合の様子が伝わった」と好評の声が聞こえました。

鹿屋体育大学は今年3月に体育館等の改修工事が終了したばかり。初めての空調管理もなされた心地良い環境でリーグ戦5試合5勝の本学キャプテン東美奈さん(スポーツ総合課程4年)は、「このまま全試合勝てるよう頑張ります!」と感想を述べました。本大会は5月14日から再び本学で開催予定です。鹿屋体育大学の勝利を期待します!

無観客でも白熱した試合の様子無観客でも白熱した試合の様子

20210505 volleyball2(左)感染予防対策のボール・リトリバー(右2枚)生配信の様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて