このたび、学外者を対象にスポーツ指導等を行う実習科目である「スポーツコーチ実習(陸上競技)」として、NPO法人かのや健康・スポーツクラブにおいて、小学生の陸上指導を行ってきた学生22名に対し、同クラブから感謝状が贈呈されました。

2月5日に本学で行われた贈呈式では、2020年度のジュニア陸上サークルの活動として、地域におけるスポーツ活動の運営や指導に大きく貢献されたことに対して、同クラブの堀内航司理事長から感謝の言葉とともに感謝状等が贈呈されました。特に、今年度はコロナ禍の中で、参加する児童の体調管理や消毒・手洗いの指導も行いながら、さらにマスクを着用しての指導と異例づくしの活動となりましたが、無事12月に終わることができました。

3年生でスポーツ指導に従事した学生は、この経験が4年生で行う教育実習に向けて指導の準備の大切さや子どもたちとのコミュニケーションの大切さ、現場での安全管理や臨機応変に対応することの必要性などについて身をもって深く学ぶ機会となった様子で、この実習や機会を与えてもらえたことへの感謝を述べていました。

受賞者は,以下のとおりです(敬称略)。菅翔弥、堀井直樹、岩﨑孝史、瓜田蒼、枝尾祐希、大賀亮也、大塚流華、金城海斗、久保拓仁、甲原海人、小林青、島田智成、副田典岐、竹森あん、丹嶌あやめ、千葉正紀、中島紗弥、仲道彩音、久田ちひろ、藤森敬貴、宮下恵里花、安野春輝

(左)堀内理事長からの御礼と実習生の集合写真(右)贈呈式の様子(仲道さん)
(左)堀内理事長からの御礼と実習生の集合写真(右)贈呈式の様子(仲道さん)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて