本学とKKB鹿児島放送と共に開発・普及活動を行っているエクササイズ「Exseed」。このたび鹿屋市立笠野原小学校児童の皆さんの体力向上運動として取り入れられることとなり、本学の学生によるレクチャーがスタートしました。

笠野原小学校での本学学生によるExseedのレクチャー

「Exseed」とは、本学のスポーツトレーニング教育研究センターが取り組む発育発達段階に応じたトレーニング方法の開発に関する研究の中で、これまで地域の研究協力校とともに行ってきた研究の成果の一つとして、短時間で楽しみながら適切なフォームでできるエクササイズ動画を、KKB鹿児島放送と共同開発し「Exseed」と命名したものです。

笠野原小学校は、学校教育目標を「瞳輝き よりよく たくましく 共に生きる子供の育成」と掲げ、たくましい子供たちを育むための具体的目標「体力・気力つくり」の中に教科体育における運動量確保として「息を弾ませる補強運動等」を明記しています。坂之上辰志校長先生は、体力の低下が問題になっている現代の子供たちに、体幹トレーニングを取り入れることで、体力や運動能力が確実に上がることを実感しており、何か良いものはないかと探していたところ、本学学生へのボランティア活動として今回Exseedにお声がかかりました。

Exseedは、運動の基礎となる動作を5分のダンス運動として正しく学べるようになっているため、子どもたちが隙間時間を使って飽きることなく楽しみながら運動を行うことが可能なものとなっています。

小学1年生へのレクチャーを行った高岡耕平さん(スポーツ総合課程4年)が、様々な動きを1年生でも理解してもらえるような表現でゆっくりと、そして繰り返し説明すると会場の児童75名は、瞳を輝かせながら「できた!」「わかる!」と大きな声で応えていました。レクチャー後は「毎日したいから明日も来て教えて欲しい」「家に帰ってもする」と笑顔で話す子供たちと、教員を目指す高岡くんも「緊張はしたが楽しくできました」と話しました。

この笠野原小学校へのExseedの普及活動を機にコロナに負けず本学も、子供たちの体力向上の一助につながる運動になるよう今後も取り組んで参ります。

(左)挨拶をする高岡さん(右)壇上から説明する高岡さんと栫ちか子ダンス部顧問教員
(左)挨拶をする高岡さん(右)壇上から説明する高岡さんと栫ちか子ダンス部顧問教員

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて