令和4年11月6日、鹿屋体育大学の学園祭「蒼天祭」が開催されました。新型コロナウイルス感染症の影響による中止から3年ぶりの開催となった今回は、1日のみ、学内者限定の規模縮小による開催という形になりましたが、会場の多目的グラウンドにはさわやかな秋晴れのもと、多くの学生・教職員が集まり、久しぶりの学園祭の雰囲気を楽しみました。

ステージでは、蒼天祭名物企画「マッスルコンテスト」や「のど自慢」をはじめ、オンラインフォームを活用して行われた「方言クイズ大会」、「ビンゴ大会」など様々なイベントが行われ、大盛況となりました。また、「ゴー☆ジャス」「タイムマシーン3号」「四千頭身」を迎えたお笑いライブでは、多くの観客が集まり、終始笑いの渦に包まれました。会場に設けられた学生による模擬店には、焼き鳥や留学生によるごま団子・水餃子・中華茶玉子が出店し、また企業出店による弁当販売が行われ、学生が友人らとともに美味しそうに頬張る姿も見られました。

そのほか、大学の教育研究に関するパネル展示や、本学がKKB鹿児島放送と共同開発し、普及を進めているダンス運動「Exseed」の体験イベント、スポーツパフォーマンス研究センターの見学・機器の体験会なども同時開催され、普段なかなか体験できない運動プログラムで汗を流したり、最新機器を使った測定を行ったりしました。

久しぶりの蒼天祭の開催に学内がとてもにぎやかな1日となりました。

お笑いライブに集まる観客、ダンス部による発表

マッスルコンテスト、SPセンターでの測定体験

学生による模擬店、「Exseed」の体験イベント

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて