鹿屋体育大学とKKB鹿児島放送が共同開発し普及を進めている、子どもの体力向上を目指した5分間のダンス運動「Exseed」。
令和4年11月12日に、本学において指導者養成講習会が実施されました。本事業はスポーツ庁及びUNIVASの委託事業である「令和4年度大学スポーツ資源を活用した地域振興モデル創出支援事業」によるものです。7月31日と10月30日に大分県で実施された講習会(上記委託事業外で実施)に引き続き、今回が3回目です。
今回の講習会は、鹿児島県内の小学校、中学校及び特別支援学校教員7名が参加しました。参加者は、講習会の前日までに事前準備として、髙井 洋平准教授によるエクササイズの動きに関するエビデンス等を解説したオンデマンド講義を受講しました。講習会当日は、インストラクターとして栫 ちか子准教授、デモンストレーターとしてダンス部の長野 健悟さん(体育学研究科:2年)及び渡邉 幸生さん(スポーツ総合課程:4年)による実技演習を実施しました。
一つひとつの動きの意味について解説を入れながら行われた実技演習は、参加者の中の鹿屋体育大学OBからも「思った以上に動きがハードです」「1番が終わった後のしゃがみ動作が大変です」といった声が聞かれました。しかし、終始笑いの絶えない和やかな雰囲気で、「楽しく運動をしながら、実際には効果的なトレーニングとして取り組める」エクササイズとしての側面を実体験として感じていただけたようです。
講習終了後、栫准教授から「参加者は全員合格である」ことと、「学校においてぜひExseedを広めていただきたい」とコメントがありました。参加者からは「朝の授業前に、子どもたちが運動として取り組む時間を作りたい」との声が聞かれ、今後のより一層の普及が期待されます!


講習会の様子


新作の座位バージョンも紹介されました!

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて