このたび、鹿屋体育大学男女共同参画推進室では、男女共同参画シンポジウム「鹿屋発!ジェンダー平等を考える―ダイバーシティ&インクルージョンの視点から―」を開催することとなりました。
 このシンポジウムは、大学と地域との連携により、ダイバーシティ・インクルージョンの視点から、ジェンダー平等や男女共同参画の意義と課題を検討することを目的としています。
 つきましては、参加者を募集しますので参加を希望される方は、2月13日(月)までに申込フォームまたはFAXによりお申し込みください。

 皆様のご参加をお待ちしております。

【日 時】 令和5年2月19日(日)10:00~12:00

【場 所】 鹿屋体育大学大学院棟3階 大講義室(オンラインでの参加も可)

【対 象】 本学教職員・学生、高校生以上で、鹿屋市内に在住・在勤・在学の方

【定 員】 30名(定員に達し次第、受付を締め切ります。)

【参加費】 無料

【プログラム】 
  10:00~10:10 開会、挨拶、アンケート調査に関する説明
  10:10~11:00 第Ⅰ部 基調講演
           講師:乾 栄里子 氏(徳島新聞社記者)
              小川 麻希 氏(南日本新聞社記者)
              森  克己 氏(鹿屋市男女共同参画審議会会長、鹿屋体育大学教授)
  11:00~11:10 休憩
  11:10~11:40 第Ⅱ部 ディスカッション
           登壇者:第Ⅰ部の講師3名
           コーディネーター:山田 理恵 氏(鹿屋体育大学男女共同参画推進室長、教授)
           コメンテーター :田中 しおり 氏(鹿屋市男女共同参画室長)
  11:40~    総括、講評、閉会、アンケート回答

【申込方法】オンライン、FAXのいずれかでお申し込みください。
 ・オンライン申込 こちらの「参加申込フォーム」より、お申込みください。
 ・FAX申込   こちらの「参加申込書」に必要事項を記入のうえ、FAXでお送りください。 

【申込締切】令和5年2月13日(月)

【その他】

 *本イベントは、鹿屋体育大学の新型コロナウイルス感染症対策に基づき行われます。
  参加者の皆様には「検温」「マスク着用」「手指の消毒」等へのご協力をお願いします。

 *新型コロナウイルス感染症拡大状況によっては、オンライン方式のみの開催、もしくは
  中止になる場合があります。

 *イベント参加の皆様へ、アンケート調査を実施する予定です。
  (高校生の場合、保護者の方の同意が必要となりますので、別途ご連絡いたします。)

【問合せ先】鹿屋体育大学男女共同参画推進室
      [TEL] 0994-46-4811 [E-mail] soumu-h※nifs-k.ac.jp
      メールアドレスは「※」を「@」に変換してください

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて