令和5年1月15日に開催された皇后盃第41回全国女子駅伝大会において、本学OGの中島紗弥さん(令和4年卒業:35期生)が大阪府として優勝、西田美咲さん(平成26年卒業:27期生)が鹿児島県として7位入賞を果たしました!

また、開会式おいて西田さんが選手宣誓を行い、昨年のサッカーW杯を取り上げ「ブラボー!といってもらえる走りで、郷土の皆さんに喜んでもらえるよう、チーム一丸となってタスキを繋ぎきることを誓います」と締めくくり、会場を盛り上げました。

その他、本大会には鹿児島県のコーチとして本学教員の松村勲准教授(スポーツ・武道実践科学系)が帯同しておりました。さらに、本学卒業生が福岡県(山口栄一さん)、愛知県(松田三笠さん、浅岡斉さん)、長崎県(釜元佳友さん、碓井さくらさん)及び香川県(三谷昌輝さん)にもスタッフとして帯同しており、選手以外としても本学関係者が活躍する大会となりました。

これからも、在学生のみならず本学卒業生を含めた陸上競技部の応援をよろしくお願いいたします。

概要

大会名

皇后盃第41回全国女子駅伝大会

日時

令和5年1月15日(日)

場所

京都府(スタート・フィニッシュ:たけびしスタジアム京都)

結果

優勝 中島紗弥さん(大阪2区)
7位 西田美咲さん(鹿児島9区)


大会について詳しく見る(外部サイト)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて