平成30年11月26日、鹿児島県庁にて、本学と鹿児島県との「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」を活用した陸上競技の競技力向上に係る連携協定の締結式を行いました。本協定は、平成31年4月に曽於郡大崎町にオープンを予定しているトレーニングセンターを活用し、陸上競技の競技力の向上と大隅地域の活性化を図るものです。

本学より松下雅雄学長、原田耕藏理事、前田明学長補佐、鹿児島県より三反園訓知事、川野敏彦PR・観光戦略部長が出席して行われた締結式では、協定書へ署名を行い、施設の発展に尽力することを確認し、握手を交わしました。その後、三反園知事と松下学長からの挨拶では、本学のスポーツパフォーマンス研究センターを中心とした科学的サポートについて言及され、この締結を機に継続的なサポートが行われることが確認されました。

本協定式には多くの報道関係者が訪れ、両センターが幅広く活用されることによる、2020年に開催される東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会や、鹿児島国体への期待の大きさが垣間見える式となりました。

連携協定の様子