少年野球教室の集合写真

平成30年12月9日、本学にて鹿児島県内の中学生を対象にした少年野球教室が開催されました。この教室は、中学生(参加者141名)と野球を通して交流することで、双方の技術と野球に対する意識の向上を図り、鹿児島県野球界の振興に寄与することを目的として、本学硬式野球部が企画したもので、今回で10回目を迎えました。

教室は、中学生がグループごとに分かれ、野球場とラグビー場では守備やバッティング、走塁などの練習、ビーチバレー場ではトレーニング講座、スポーツパフォーマンス研究センターではスイング分析や投球スピード測定、塁間走のタイム測定を行いました。当日の気温は10度以下ととても寒い中でしたが、参加した中学生は元気いっぱいで野球場には大きな掛け声が響き、生き生きと練習に励んでいました。

参加した中学生からは、「色々な測定ができて良かった」「大学生は教えるのが上手だった。守備の練習がとても楽しかった」などの声が聞かれ、本学硬式野球部員も「集中講義などで部員が少ない中、色々な方に助けていただいて開催ができた。元気に練習する中学生との交流を通して自分たちも元気をもらった」といった感想を聞くことができました。双方ともに非常に有意義な時間となり、参加者全員が同大部員とハイタッチをしながら笑顔で野球場を後にしました。

(左)SPセンターでの測定の様子(右)守備の指導の様子