平成31年1月16日、17日にJICA(独立行政法人 国際協力機構)青年研修会の一環としてベトナム社会主義共和国の体育教育関係者、教職員など15名が本学を訪れました。

JICA青年研修会は、アジア、アフリカ、中南米、大洋州、中東などの開発途上国の青年層を日本に招き、それぞれの国で必要とされている分野における日本の経験、技術の基礎的理解をするための研修を行い、将来の国づくりを担う人材の育成に協力する事業です。今回の研修会は1月12日から約2週間、鹿児島県内の小中学校、高等学校、大学さらには体育施設を訪問し日本の教育制度や生涯スポーツについて学びます。


本学では16日、17日の2日間にわたり、世界でも稀有な最先端の研究設備を有する本学の施設見学や多くの教員の協力による実技実習、生涯スポーツに関する講義が準備されました。中でも、陸上、ダンス、ニュースポーツ、体操、サッカーなど種々体験できた実技実習では、どの種目も熱心に説明を聞き、全力で取り組む姿が見受けられ、大変有意義な研修となりました。

(左)SPセンターにて高跳びの体験(右)ニュースポーツ(インドアアルティメット)の体験
(右)SPセンターにて高跳びの体験(右)ニュースポーツ(インドアアルティメット)の体験