平成31年2月21日、トリニダード・トバゴ共和国の陸上競技長距離選手 トーニャ・ネロさんと同国の陸上競技連盟のデクスター・ボアシンさんが来日し、本学のスポーツパフォーマンス研究センター(以下「SPセンター」)で測定を行いました。


この来日は、平成31年4月オープンを控えた「ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅」が所在する大崎町が、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の事前合宿誘致の一環として、中南米のトリニダード・トバゴ共和国において、5000m、10000m、ハーフマラソン、マラソンの国内記録を持つネロ選手をお迎えしたもので、本学もその一助として測定に協力するものです。

今回本学での測定では、ハイスピードカメラによる疾走フォーム確認のほか、50mのフォースプレートが設置された走路で走行時の動作分析を行いました。測定後は本学陸上競技部監督の松村勲准教授、SPセンターの永原隆特任助教から速度やピッチ、スライドなどのデータを見ながらフィードバックが行われました。

その後、激励に訪れた松下雅雄学長から測定の感想を聞かれたネロ選手は、「素晴らしい施設でとてもいい経験になりました。ありがとうございました」と感謝の言葉を述べ、最後には測定に協力した学生らとともに記念撮影を行いました。

今回の測定が、今後の更なる競技力向上に活かされることを願っています。

(左)測定方法を確認する様子(右)測定の様子
(左)測定方法を確認する様子(右)測定の様子

(左)フィードバックの様子(右)松下学長、松村准教授、測定に協力した学生らと
(左)フィードバックの様子(右)松下学長、松村准教授、測定に協力した学生らと

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて