鹿屋体育大学では教育、研究のために多くの動物が実験に供されております。その為、動物の御霊に感謝し、安らかな眠りを祈るべく実験動物慰霊式を開催しました。

 慰霊の言葉

 鹿屋体育大学実験動物慰霊式にあたり、本学の利用者を代表して、ここに謹んで慰霊の言葉を述べさせていただきます。

 平成30年度、本学において教育・研究の目的で実験に供された動物は、マウス858匹、ラット10匹を数えました。これらの尊い命の犠牲により、貴重な教育成果、および研究成果を得ることができました。

 実験動物の尊い犠牲の上に得られた貴重な情報を、社会に貢献できる成果として公表し、還元することに努めてまいります。

 最後に、教育・研究のために犠牲になられた実験動物に対し、ここに謹んで感謝と敬意の念を表し、その御霊が安らかに眠りにつくことをお祈りして、慰霊の言葉といたします。

平成31年3月12日

鹿屋体育大学 動物実験実施者 代表

吉田 剛一郎

2019irei1

(左)慰霊式の様子(右)動物実験小委員会委員長挨拶

2019irei2

(左)慰霊の言葉(右)学長による献花の様子

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて