2017W thumb 630xauto 11290

 3月24日、水野講堂において、平成28年度鹿屋体育大学体育学部卒業式及び大学院体育学研究科修了式を挙行しました。
 本年度卒業・修了したのは、学部卒業生197名、大学院修了生18名の計215名で、式では、学部各課程の総代へ卒業証書が、修士課程の総代及び博士後期課程修了生へ学位記が授与されました。
 式では、松下雅雄学長が、「時代に即した倫理観を持って、スポーツ文化を広めるリーダーの役目を、国内外を問わず、今後、担っていただけることを切に希望します」と告辞を述べ、続いて、鈴木大地スポーツ庁長官(代読:平井明成スポーツ総括官)、三反園訓鹿児島県知事(代読:木場信人企画部次長)、中西茂鹿屋市長からの3名から祝辞をいただきました。中西市長からは「それぞれ進む道は違っても、大きな夢・目標に向かって、果敢に挑戦し、不断の努力を続けてください。この鹿屋の地を第二の故郷として、今後の人生を豊かに歩んでいただきますことを切に願います」との言葉が述べられました。
 卒業生答辞では、スポーツ総合課程の秋山愛海さんから「鹿屋体育大学での4年間は、私たちにたくさんの実り豊かな出会いや出来事を授けてくれました。鹿屋体育大学で学んだことを誇りに、社会に貢献出来る一人の人間になることを目標とし、卒業生・修了生一同、今後とも精進してまいります。」と決意が述べられました。

28sotugyo.jpg 中西市長による祝辞                答辞を述べる秋山さん

学長告辞全文

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて