令和3年11月25日、26日の2日間、千葉ポートアリーナで「2021年度全日本学生柔道体重別選手権大会(男子40回 女子37回)」が開催され、本学柔道部の福田大悟さん(武道課程4年)が60㎏級で優勝、吉野弘人さん(同4年)が90㎏級で3位に輝き、中村勇監督、小崎亮輔コーチとともに松下雅雄学長に報告を行いました。本大会での優勝は1991年以来、実に30年ぶりになります。開学40周年の年に、柔道部が輝かしい実績を残してくれました。

福田さんは「地方の大学から日本一になりたいと思って鹿屋体育大学に入学してきたので、鹿屋で優勝できることを証明して、後輩たちに希望を与えることができたことが一番うれしかったです」、柔道部の主将でもある吉野さんは「自分もずっと鹿屋から日本一を目指して頑張ってきましたが、全力を出し切って3位だったので、この結果が今の実力なのかなと感じています。講道館杯では優勝できるように頑張ります」と、早くも次の大会への意欲を見せました。松下学長からは「小澤顧問、中村監督、小崎コーチとそれぞれに特色のある指導者が3人もそろっているので、今後も柔道部をしっかりとリードしていっていただけると思います。OBの活躍は現役学生の頑張りにもつながるので、2人とも4年生ということですが卒業後も鹿屋体育大学のOBとしてオール鹿屋で引き続き頑張ってほしい」と激励しました。

20211210 jyudo 60win

(写真左から)松下学長、福田さん、吉野さん、中村監督、小崎コーチ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて