藤光選手と陸上競技部の記念写真

オリンピアンで、2017年世界選手権4×100mの銅メダリストの藤光謙司選手(ゼンリン)が鹿屋体育大学のスポーツパフォーマンス研究センター(以下SP研究センター)において動作分析測定を行いました。

藤光選手が本学同センターで測定するのは2019.9月に続き2回目です。元国立スポーツ科学センター所属時代に動作分析を一緒に行い、現在は本学の非常勤研究員である松尾彰文教授のサポートが得られること、SP研究センターに設置された世界でも類を見ない50mのフォースプレートに魅力を感じての来学となりました。

33歳という年齢を迎えた藤光選手が「若い時からの変化に対応し、今自分にできることの最大限のパフォーマンスをするため、走り全体を見直したい」との思いから今回の測定になりました。最近重ねてきたトレーニングの疲労が抜けきれていない中にもかかわらず、実際の走りに近いデータが得られる50mフォースプレートを走るごとに、わずかな改善点を見つけ、それを次の走りで修正してみせた藤光選手。トップアスリートの世界の対応力を見せつけられた測定でした。

 測定後には「遠い鹿屋の地でも『来ること』に何かしらの意味があると考えるタイプ。いろんな経験を積み、今の自分は何をすべきか少し客観視できるようになった。まだまだ高み目指したい」と何事もポジティブに捉えながら、努力し続けるトップアスリートの思いを語りました。

本学での測定・分析が藤光選手の夢の実現につながることを期待し、今後のご活躍を応援しています。

SP研究センターでの測定の様子

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて