12月17日・18日の2日間にわたって、本学野球場およびスポーツパフォーマンス研究棟にて、大隅地区の軟式野球を行う中学生を対象にした少年野球教室が開催されました。  
 この教室は中学生(参加者数132名)と野球を通して交流することで、双方の技術と野球に対する意識の向上を図り、鹿児島県野球界の振興に寄与することを目的として、本学硬式野球部が企画したものです。先週には小学生を対象とした学童野球教室が開かれました。
 教室は、中学生がポジションごとのグループに分かれ、野球場で守備やバッティング、走塁などの練習を行い、スポーツパフォーマンス研究棟で球速測定やベースランニング、スイングの分析など各種測定が行われました。中学生にとっては、客観的に自分のプレーを見る機会となり、大学生にとっては貴重な指導の機会となりました。
 参加した中学生からは「設備がすごい。自分のフォームがどんな感じかわかるので楽しみ」「大学生の人たちは優しく教えてくれる。ボールも遠くに飛ばせてすごい」といった声が聞こえ、大学生からは「教えるのは難しい。(自分の指導で)コツを掴んでくれると嬉しい」といった感想を聞くことができ、双方にとって大変有意義な時間となりました。

sokutei-shidou.jpg syuugousyashin2.JPG

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて