新型コロナウイルス感染拡大により、日常生活への影響が生じている学生への支援目的で、このたび鹿屋市から本学学生へ市民生活応援商品券として一人当たり10,000円が交付されました。

交付式では、鹿屋市市長公室長の坂野博志氏より「勉強や学生生活だけでなく、アルバイトも思うようにならない大変な日常と思いますが、鹿屋市民の思いがこもった商品券を有効活用していただきながら乗り越えて欲しい。卒業して、鹿屋の地を巣立った後も鹿屋体育大学に在籍した皆さんのご活躍をずっと応援しています」と激励の言葉とともに商品券が手渡されました。学生を代表して受け取った体育会会長の太田淳也さん(スポーツ総合課程2年)は、「ご支援をいただきありがとうございます。まだまだいろんな制限はありますが、スポーツで培った精神と忍耐力で乗り越えたい。商品券を活用しながら頑張ります」と感謝の気持ちを伝えていました。

11月4日交付式の様子(左から) 前阪茂樹学生支援担当学長補佐、太田さん、坂野市長公室長

11月4日交付式の様子(左から)前阪茂樹学生支援担当学長補佐、太田さん、坂野市長公室長

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて