12月1日、野澤啓佑選手(ミズノ、リオデジャネイロオリンピック400mハードル日本代表)、芦田創選手(トヨタ自動車、リオデジャネイロパラリンピック4×100mリレー銅メダリスト)、橋元晃志選手(早稲田大学、全日本インカレ200m第3位)が本学を訪れ、スポーツパフォーマンス研究棟(SPLab)で動作分析を行いました。
 3人は、ハイスピードカメラによるフォームのチェックのほか、50mのフォースプレートが埋め込まれた走路で、ステップごとのピッチ、ストライド、接地時間や地面にかかる力の成分(3成分:鉛直方向・進行方向・左右方向)等を細かく測定しました。

28sotugyo フォースプレート走路での測定                              測定結果

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて