1月18日~27日、阪神タイガースの前田大和選手と森越祐人選手が、鹿屋市と連携して取り組む「産学官連携によるスポーツ合宿まちづくり推進事業」の一環で鹿屋市を訪れ、本学の施設で自主トレを行いました。
 鹿屋市出身の大和選手は、樟南高校から2005年高校生ドラフト4巡目でタイガースに入団。球界屈指の守備力が持ち味で、内野が本職ながら2014年には外野手としてゴールデングラブ賞を獲得するなど活躍。2012年から5年連続で100試合以上出場を続けています。
 また、同じく守備力に定評のある森越選手は愛知県出身の内野手。2010年ドラフト4位で中日ドラゴンズに入団し、2015年にタイガースに加入。内野ならどこでも守れるユーティリティー性が武器で、昨年に引き続き前田選手とともに自主トレを行っています。
 今回が5回目の鹿屋での自主トレとなった大和選手は「1年間戦える体づくりができた。今シーズンはしっかりとレギュラーをとれるように、そしてチームが優勝できるようにがんばりたい」と、森越選手は「春季キャンプに向けていつでも動ける状態。1軍定着できるよう、がんばっていきたい」と自主トレの手応えと今シーズンの抱負を語りました。

20170127 jisyutore

トレーニングを行う森越選手(左)と大和選手(右)

東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を紹介するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

第69号では、鹿屋体育大学同窓会総会、同窓会と大学との意見交換会や公開講座のお知らせについて紹介しております。

ぜひ、ご覧ください! satellite_69.pdf

 1月21日、本学205講義室において、同窓生と本学との情報交換会を開催しました。
 今回の情報交換会は、同窓生と大学関係者とが意見交換や情報交換を行うことにより今後の大学運営や在学生、同窓生への支援等に活かすとともに、相互の交流を図ることを目的に同窓会と大学が連携して開催したもので、同窓生、退職教員、本学関係者など約40名の参加がありました。
 会は松下雅雄学長、濱田幸二同窓会会長による挨拶にはじまり、金久博昭理事から本学の現状について説明がありました。その後、同窓生との意見交換会が行われ、「大学が同窓会に期待すること、同窓生が大学に期待すること」というテーマのもと、それぞれの立場や経験から、今後の大学、同窓会の発展のため活発に意見が交わされ、大変有意義な会となりました。

濱田同窓会会長挨拶                    意見交換の様子
zyouhoukoukannkai

学 生 各 位

                                                     教務課長


平成29年度一般入試等に伴う入構規制について(通知)



 一般入試及び私費外国人留学生入試実施にあたり、下記のとおり入構規制を行います。
 入構規制期間中は、学内の全施設の利用、立ち入りを禁止しますが、やむを得ない事情【緊急性があると認められた場合に限定】により、立ち入る必要のある学生(実技検査補助員を除く。)は、2月10日(金)までに教務課入試係へ申し出てください。
 ただし、立入禁止区域は入学試験場につき、この区域へは実技検査補助員(学生)の立ち入りを除き、いかなる場合も立ち入ることはできません。
 なお、受験者の付き添いとして入構することはできませんので、ご注意ください。



   入構規制期間
       平成29年2月25日(土)・2月26日(日)
        25日(土) 8:15~試験終了(入構規制解除)まで
        26日(日) 8:00~試験終了(入構規制解除)まで

   〔参考:昨年度の入構規制解除時間〕
       1日目:15時50分
       2日目:13時35分

 1月22日、本学において、本学硬式野球部が中心となり、大隅地区の小学校、中学校、高等学校の野球関係者が連携して「第2回大隅地区野球を語る会」が開催されました。
 この会は、野球を愛する児童・生徒達の成長と大隅地区の野球の普及・発展のため、指導者間の交流を図り、情報交換や学びの場とすることを目的として昨年から開催されており、2回目の開催となった今回は、大隅地区の小・中・高の野球の指導者約60名が参加しました。
 はじめに、「大学野球の指導を通して思うこと」と題して國學院大學野球部の鳥山泰孝監督による講演が行われ、チームづくりで大切にしていることや試合での選手への言葉掛けなどについて話がありました。
 その後、スポーツパフォーマンス研究棟へ場所を移し、野尻浩司トレーナー(株式会社Bright Body)によるコンディショニング指導が行われ、身体のケアやトレーニングの必要性について話がありました。また、鳥山監督からは、実際にキャッチボールやバットスイングをする中でのアドバイス方法や選手の導き方について話がありました。
 参加者からは「鹿屋体育大学が中心となって、このようなイベントが開催されるのはとても有難い」「はやく自分のチームの選手に還元していきたい」「とても勉強になり、来年以降も続けていきたい」といった声が聞かれ、非常に有意義な会となりました。

kougi setumei

jitsugi

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて