東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を紹介するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

第80号では、全日本バレーボール大学女子選手権大会の様子や平成29年度鹿屋体育大学同窓会総会開催のお知らせについて紹介しております。

ぜひご覧ください!satellite_80.pdf

20171225kaiken matsuda1

12月25日、鹿屋体育大学では、平成30年3月卒業後に日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の湘南ベルマーレへ加入することが内定している松田天馬さん(スポーツ総合課程4年)の記者会見を行いました。

会見では、青木竜本学サッカー部監督からの選手紹介、湘南ベルマーレ牛島真諭Football Unit 強化担当兼スカウトからの獲得経緯の説明などがあったほか、松田さんからは、入団後の抱負や、家族・指導者・チームメイトなどこれまで支えてくれた周囲の方への感謝の気持ちなどが述べられました。また、会見の最後には松下雅雄学長より「チームやチームメイトに信頼され、ファンに愛され、感動を与えるような選手になれるよう精進してください」との激励の言葉が述べられました。

鹿屋体育大学では、競技力向上のための種々の取り組みが実を結び、今回の松田さんを含め35名のJリーガーが誕生しています。

20171225kaiken matsuda2

20171225kaiken matsuda3

(左)挨拶をする松田さん(右)左から青木監督、松田さん、松下学長、牛島スカウト

★松田天馬(湘南ベルマーレ内定)
・ポジション/MF
・出身/熊本県
・コメント/湘南ベルマーレという素晴らしいチームに入団できたのも、周りの皆さんのサポートのおかげ。
豊富な運動量と得点に絡むプレー、攻撃にリズムを与えるプレーなど、自分の長所をいかしてチームに貢献し、一日も早くサポーターに愛される選手になりたい。
選手として学び続けること、サッカーを楽しむことを忘れずにがんばっていきたい。

12月22日、自転車競技部の橋本優弥さん(スポーツ総合課程2年)が、自転車の2017-18UCIトラックワールドカップでの銅メダル獲得を松下雅雄学長へ報告しました。

橋本さんは、日本チームのメンバーとして、11月に行われた2017-18UCIトラックワールドカップ第2戦女子団体追い抜きで同種目のワールドカップでは日本史上初となるメダル(銅メダル)を獲得。12月に行われた同大会第4戦でも、再び女子団体追い抜きで銅メダルを獲得しました。

橋本さんは大会を振り返り「今までもワールドカップに出場させていただく機会はあったが予選突破ができなかったので、まずはそこを目標に第2戦に臨んだ。結果として予選で日本新記録、そしてヨーロッパのチームを破って(3位決定戦でドイツに勝利)のメダル獲得ということで、とても嬉しく、自信にもなった。また、第4戦については第3戦(4位)での課題をしっかり修正できたことがメダル獲得につながったと思う」と話しました。また、「これからも国際大会が続くが、団体種目、個人種目とも表彰台の一番高いところを目指していきたい」と今後の抱負を語りました。

報告を受けた松下学長からは「これからも世界を舞台とする戦いが続き、学業との両立が大変かと思いますが、ぜひがんばってください」との激励の言葉が述べられました。

IMG 8522 2

左から松下学長、橋本さん、黒川剛自転車競技部監督

12月16日~17日、広島グリーンアリーナにおいて行われた第12回全日本学生剣道オープン大会の男子参段以上の部において、本学剣道部の内橋響希さん(武道課程1年)が準優勝を果たしました。

今大会の男子参段以上の部には全国から700名以上の選手が参加。予選リーグ、決勝トーナメントと幾多の厳しい試合を勝ち上がった内橋さんは、決勝こそ中央大学の本間渉選手に敗れたものの、見事な戦いぶりで堂々の準優勝となりました。

ご声援いただいた皆様、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

受講生の皆さま

 明日、12月25日(月)1限の教育法・教育行政(担当:森克己先生)は休講となります。
 お間違えのないようにご確認ください。
                             教務課

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて