東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を紹介するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。
第73号では、第1回大学説明会や卒業生の皆さんが参加された渋谷・鹿児島おはら祭について紹介しております。ぜひご覧ください!satellite_73.pdf

 5月29~30日の2日間、プロスキーヤーの三浦雄一郎さんと、その息子で同じくプロスキーヤーの三浦豪太さんが本学を訪れ、体力測定を行いました。2人はこれまでに10回以上本学で測定を行っており、今回は4年ぶりの測定となります。
 2人は、本学スポーツトレーニング教育センターでトレッドミルを用いての坂道歩行テストにより乳酸閾値、最大酸素摂取量等の測定を行ったほか、身体組成や全身の筋力など、2日間で40項目以上の測定を行いました。
 三浦雄一郎さんは、「測定を担当した山本正嘉教授には15年以上測定でお世話になっている。来年の秋にチョーオユー*への挑戦を予定しており、今回の測定結果を参考にしっかりと準備をしていきたい」と述べました。

2017W thumb 630xauto 11290

測定の様子

*チョーオユー
 ネパールと中国チベット自治区にまたがるヒマラヤ山脈の山。標高は8,201mで世界第6位。

三浦雄一郎
 1985年に世界7大陸最高峰のスキー滑降を完全達成、2013年には80歳にして3度目のエベレスト登頂(世界最高年齢登頂記録更新)を果たすなど世界的な冒険家として知られる。現在、株式会社ミウラ・ドルフィンズの代表取締役を務めるほか、クラーク記念国際高等学校の校長としても活躍している。

三浦豪太
 フリースタイルスキー競技男子モーグルの日本代表としてリレハンメルオリンピック及び長野オリンピックに出場。2003年に父の三浦雄一郎氏と共にエベレストに登頂し、初の日本人親子同時登頂記録を達成する。2012年に博士(医学)の学位を取得し、現在、低酸素下においての遺伝子発現・抑制の研究を行うほか、子供から高齢者までの幅広い年齢層やアスリート向けのトレーニング及びアウトドアプログラムを国内外で数多く手がけている。

平成29年度学外進学説明会参加予定表を更新しました!

詳細はこちら

本学に興味のある方は、ぜひご参加ください。  

詳細はこちら

平成30年度 AO(SS)入試学生募集要項を公表しました!

詳細はこちら

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて