東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を紹介するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

第86号では、平成30年度第2回大学説明会の様子や修士課程「スポーツ国際開発共同専攻」の講義の様子について紹介しております。

ぜひ、ご覧ください!

東京サテライトキャンパス通信 第86号

東京サテライトキャンパス通信のバックナンバーはこちらからご確認いただけます。

東京サテライトキャンパス通信 バックナンバー

6月25~26日の2日間、プロスキーヤーで登山家の三浦雄一郎さん、三浦豪太さん親子が本学を訪れ、体力測定を行いました。測定は、現在85歳の雄一郎さんが69歳の時から継続して行い今年で16年目。今回は、来年1月に予定している南米大陸最高峰アコンカグア登頂への挑戦を目指して今後のトレーニング対策に繋げるためのものです。

お二人は、身体組成計測から全身の筋肉量及び脂肪量の計測をはじめ、トレッドミルを用いての坂道歩行テストにより乳酸閾値、最大酸素摂取量等の測定など、2日間で40項目以上の測定を行いました。体幹における筋肉量は現役大学生の投擲選手並みで、約1年前の測定時より増えていることにご本人はもとより測定にあたった髙井洋平准教授も驚愕しました。またトレッドミルでの運動負荷測定では、雄一郎さんは傾斜15%で約430m/時の登高率、豪太さんは20%で約1000m/時の登高率を超え、こちらも昨年の値を更新する好結果が得られました。その他多くの測定の値は昨年超えや維持の中、昨年の値を割り込んだ項目を今後集中して鍛え、アコンカグアへ挑まれるとのこと。

16年間続く測定は緊張感を持ちながらも、和やかにスムーズに進み、雄一郎さんは、「脂肪をおとして、結果が落ちていたところを鍛えたい」と、豪太さんは、「継続して測定できていることは非常にありがたい。山本正嘉先生からのアドバイスを活かして今後の山登りを増やすなどトレーニングメニューを立てたい。」と述べられました。

*アコンカグア  アンデス山脈にある南米最高峰の山。標高6,960.8m 

20180626miura1 1(左)身体組成計測の一場面(右)トレッドミル測定の様子 

20180626miura2(左)筋力測定の様子(右)測定を終えて(後列2人目から豪太さん、山本教授、雄一郎さん)

平成31年度大学案内の配付を開始しました! 詳細はこちら

スポーツ国際開発学共同専攻(修士課程) :詳細はこちら

大学体育スポーツ高度化共同専攻(3年制博士課程) :詳細はこちら

6月22日~24日、島根県益田市北仙道地区特設コースで行われた第87回全日本自転車競技選手権大会ロード・レースの女子U23(99km)において、本学自転車競技部の中井彩子さん(スポーツ総合課程4年)が見事優勝を果たしました。

また、男子エリート(213km)では卒業生の山本元喜さん(2014年3月卒、キナンサイクリングチーム)が2位に32秒の大差をつけ優勝を果たしました。

ご声援くださった皆様、誠にありがとうございました。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて