鹿屋体育大学の加地智哉さん(体育学研究科修士課程体育学専攻1年)が、10月19、20日に行われた「日本水泳・水中運動学会年次大会」における一般口頭発表部門で奨励賞を受賞しました。本会の一般口頭発表では、専門学校生や大学院生ら14名が自身の研究について発表し、3名が受賞しました。

加地さんは、学部生時代からどうやったら速く泳げるか、その理論を追及しており、指導者や選手へ数値や映像を用いたフィードバックが競技力向上に繋がるとの思いを胸に研究に勤しんでいます。今回の発表内容は「間欠的全力クロール泳時の泳動作と手部にはたらく流体力の変化」と題し、水中モーションキャプチャと圧力分布計測を併用することで、25mのクロール泳を4回全力で泳ぐ中、試技回数を重ねることで泳動作と推進力がどのように変化したかを分析しまとめたものです。発表の際にも、モーションキャプチャと圧力分布計測から得られたデータそのものだけでなく、データ取得方法等にわたって多くの質問が寄せられました。学会参加者からの興味・関心も高くそれらが評価されての受賞となりました。  

受賞報告をした松下雅雄学長から「最近は海外の水泳選手も測定やトレーニングに訪れているように、本学のプール環境・設備等は整っていることを十分活かして、今後もしっかり研究に励んでください」とさらなる活躍を期待する声をかけられました。加地さんは「このような賞をいただけたことは本学の環境の良さはもちろんのこと、荻田先生、萬久先生、角川先生をはじめとしてご指導いただいた先生方のご協力によるものであり、心から感謝しています。今後はグローバルな世界でも活躍できるようさらに精進します」と今後への意欲をみせました。

左から萬久博敏准教授(水泳部監督)、加地さん、松下学長、荻田太教授(指導教員)左から萬久博敏准教授(水泳部監督)、加地さん、松下学長、荻田太教授(指導教員)

東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を紹介するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

第102号では、大学院後期授業の開始、大学パンフレットの設置などについて、掲載しております。

ぜひ、ご覧ください!

東京サテライトキャンパス通信 第102号

東京サテライトキャンパス通信のバックナンバーは、こちらからご覧いただけます。

東京サテライトキャンパス通信 バックナンバー

令和2年度 一般入試学生募集要項を公表しました! 詳細はこちら

鹿屋体育大学では地域密着スポーツブランドBlue Winds presents.2019カレッジスポーツデイとして、10月12~14日にバレーボールを、10月19、20日にバスケットボールの大会を開催しました。

カレッジスポーツデイは本学の施設を使用した大学スポーツの試合を行うことで、地域住民が気軽に大学を訪れ、スポーツを「みる」ことと、学生を応援し「ささえる」ことの活動機会を確保し、充実させていくことにより、地域活性化につなげていくことを目的としています。今回は、2019九州大学秋季バレーボール女子リーグ大会と、2019全九州大学バスケットボールリーグ戦(男・女)を観戦・応援しました。

バレーボール秋リーグでは、カレッジスポーツデイと知り集まった多くの一般客や同大学女子バレーボールファンらからの力強い声援が飛び交い、アタックやスーパーレシーブの決定率も上がり、そのたびに大きな歓声が会場を包みました。熱のこもった声援が選手の活躍を後押しし、本学チームは3日間3試合での勝利をつかみ、その勢いのまま翌週に福岡市で開催されたリーグ戦でも活躍、4年連続で九州大学春・秋リーグ戦で2冠を達成する結果に繋がりました。

バスケットボールリーグ戦では、2日間で女子1勝1敗、男子2敗と苦戦の結果となりましたが、ゴール下の攻防や3ポイントのシュートが決まるごとに会場からはどよめきのような歓声が沸き上がりました。めまぐるしく入れ替わる攻撃と防御を目の前で観戦でき、観客もそのスピード感と一体となって応援するような試合となり、大いに盛りあがったカレッジスポーツデイとなりました。

昨年から開催されているカレッジスポーツデイ、開催まで1年をきった東京2020オリンピックやかごしま国体の気運と相まって、また晴天のスポーツの秋に開催されたイベントということもあり、「みる」スポーツへの関心はますます高まってきているように見受けられました。

応援に来てくださった皆様、ありがとうございました!

バレーボール:VS西南女子学院大学との試合バレーボール:VS西南女学院大学との試合

バスケットボール:(左)女子VS福岡大学(中央)力のはいった応援団(右)男子VS九州共立大バスケットボール:(左)女子VS福岡大学(中央)力のはいった応援団(右)男子VS九州共立大学

みんなのタイムトライアル終了後、参加者と陸上競技部員で記念撮影

令和元年10月13日に市民向けの運動イベント「みんなの貯筋&ウォーキング2019」及び「みんなのタイムトライアル2019」が本学陸上競技場において開催されました。

「みんなの貯筋&ウォーキング」では4歳から86歳までの88名が学内に設定した約3kmのコースをウォーキングしながら、途中に設置された健康や鹿屋体育大学に関するクイズに挑戦しました。クイズや上り坂には苦戦しながらも、他の参加者やイベント補助の学生と楽しくワイワイ話しながら3kmを歩き切りました。ウォーキングのあとはクイズの答え合わせで盛り上がり、最後はみんなで貯筋運動を行いました。高校の友達同士で参加した竹田さんは「体育大に初めて入って学内を歩いてみて、とても広くて驚いた。プリンを目当てに参加したイベントで歩くのは少し疲れたけど、色々な人と話せてとても楽しかった」と笑顔で語りました。

引き続き16時より行われた「みんなのタイムトライアル2019」では7歳から59歳、「走るのが久しぶり」という方から県下一周駅伝に出場するような方まで参加者52名が自分の設定したタイムを目標に陸上競技場の全天候型トラックを走りました。各レースは本学陸上競技部員がペースメーカーとして先導し、参加者のみなさんが自分の目標タイムに少しでも近づけるよう、タイムを伸ばせるようにサポートを行いました。ペースメーカーのサポート、司会のMBCアナウンサー松木圭介さんの軽快な実況、看板をバンバン叩くにぎやかな応援の甲斐もあって目標タイムを大幅に更新する参加者が続出。走り切った参加者の顔は達成感であふれていました。このイベントに参加するためにはるばる北九州から来たという本学4期生で陸上競技部OBの山根英明さんは「走っている途中で火がついて必死に頑張りました。20数年ぶりにトラックを走ることができてとても楽しかった」と久しぶりの母校での挑戦を笑顔で振り返りました。イベントの最後には鹿児島牛肉や鹿屋市の特産品が当たるお楽しみ抽選会も実施しました。

2つのイベントで大いに盛り上がった1日となりました。今後も鹿屋体育大学ではスポーツを通じた地域活性化の取り組みを続けていく予定です。

みんな貯筋&ウォーキングの様子みんなの貯筋&ウォーキング

みんなのタイムトライアルの様子みんなのタイムトライアル

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて