東京サテライトキャンパスでは、毎月1回サテライトキャンパスの活動を報告するため、【東京サテライトキャンパス通信】を発行しています。

 

第98号では、令和元年度第2回大学説明会や、経営協議会の開催について掲載しております。

ぜひ、ご覧ください!

東京サテライトキャンパス通信 第98号

東京サテライトキャンパス通信のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。

東京サテライトキャンパス通信 バックナンバー

6月22日、23日に群馬県高崎アリーナで行われた第73回全日本体操種目別選手権において、体操競技部の杉野正尭さん(スポーツ総合課程3年)があん馬で優勝、鉄棒で5位入賞しました。

後日行われた学長報告で杉野さんは、「優勝を目標として今まで練習してきたのでそれを達成できたことがとてもうれしかった。もっと上の目標を達成できるように頑張ります」と喜びと今後の抱負を述べました。また、体操競技部監督の村田憲亮助教は、「他の種目も含めた総合的な技術の底上げと細部にこだわった芸術性の向上をすることで、さらに上の舞台に立つことができる可能性を持っているので頑張ってもらいたい」と話しました。

報告を受けた松下学長は「けがをしないように体調第一で次の目標に向けてしっかりと頑張ってください。今後も良い報告を期待しています」と激励し、最後には日本テレビスポーツ局から届いたお祝いの花と共に写真撮影を行いました。

また同大会では、長谷川瑞樹さん(スポーツ総合課程4年)も跳馬で8位入賞しています。ご声援ありがとうございました。

(左から)松下学長、杉野さん、村田助教
(左から)松下学長、杉野さん、村田助教

 

体験授業は定員に達したため受付を終了いたしました。

体験授業詳細はこちら

本学では、学生の叶えたいプロジェクトを募集し、その実現を支援することにより、学生の自主性、企画力、創造性を養うとともに、キャンパスライフの充実・活性化を図ることを目的に「鹿屋体育大学学生挑戦プロジェクト」を平成28年度から実施しています。

6月17日、18日、1次審査(書類審査)を通過した8件(うち7件が海外挑戦)のプロジェクトの2次審査が公開による発表会で行われ、申請代表者がプロジェクトについての動機や、その実現に向けた具体的な計画、日程等について発表しました。どのプロジェクトも学生らが日常や非日常から沸いた大きな夢が盛り込まれたもので、実現後は自らの成長はもとより、地域の方や同じ競技者等への波及効果もある充実の内容として熱く語られました。また、会場から多々上がった鋭い指摘や質疑に、どの学生も率直かつ的確に応えるなど詳細の調査や準備が伺える審査会となりました。

今後、審査を行い、採用されたプロジェクトへは、旅費や必要物品の購入などの支援が行われます。

また、年度末には成果報告会も予定されており、プロジェクトの活動内容・成果等を報告することとなっています。

【申請プロジェクト名】

・ヨーロッパの育成システムに関する聞き取り調査とトレーニングの視察・指導の実践
・スポーツ心理学の最先端の取り組みを知る~ペンシルベニア州立大学への訪問~
・アメリカ バレーボールを学ぶ!!~スポーツを支える視点から~
・大学をひとつに~部活間の壁をなくそう~
・学外授業~貧困地域の子供から幸せについて学ぶ人生の授業~
・フランス柔道の実態・意識調査-南西地域圏を対象に-
・鹿屋体育大学の敷居を低く!大学スポーツで地域貢献
・短期海外留学から学ぶアイデンティティの形成と体操の価値観の相違

20190619 challengeproject

山形県沖の地震により被害に遭われた被災地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

本学では自然災害による被災相談窓口を学生課に設置しておりますので、本人およびご家族が被害を受けられた本学学生の皆さんは、ご相談ください。

 

【相談窓口・問い合わせ先】

  学生課学生企画係
  TEL:0994-46-4882
  Mail:gakusei@nifs-k.ac.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて