今年度も大学及び同窓会の連携により「同窓会総会」と「同窓生と大学との情報交換会」を開催することとなりましたので、お知らせします。

なお、

日  時:令和3年1月9日(土) 13時45分~16時20分

会  場:リモート会議(CISCO Webex Meetingを使用)

     参加申込者にメールで接続情報をお知らせします。(先着1000名弱)

申込期限:12月28日(月)

 

出欠の連絡については以下のURL(Microsoft forms)またはQRコードからお知らせください。

なお、ご連絡がない場合は、同窓会総会における議決について会長に一任されたものとさせていただきます。

URL:https://bit.ly/2INV0P5(Microsoft Forms)

申込用QRコード

 

11月30日から12月6日に行われた第67回秩父宮妃賜杯全日本バレーボール大学女子選手権大会ミキプルーンスーパーカレッジバレー2020(全日本インカレ)において本学女子バレー部が4年ぶり4回目の優勝を果たし、全国大学から選ばれ36大学の頂点に立ちました!!

インカレで優勝した女子バレー部喜びの集合写真

試合は優勝戦まで5試合中準決勝の筑波大学戦と決勝の東海大学戦は1セットはとられたものの、振り返ると「サーブとレシーブ(のみ)をしっかりやってきた」と濱田幸二監督が後から述べたとおりの全員バレーで一丸となった結果の勝利でした。コロナ禍の今年度初の遠征、対外試合をこのインカレという大舞台での挑戦となった本学の女子バレー部。MIP選手となった2年生の横山真奈さんをはじめとする1~3年生が中心に出場した試合とはなりましたが「チームが一丸となった」「この大会でチームが成長した」と、濱田監督が話すようにここまでに4年生が信じ、支え、後輩が期待に応えるというチームが掲げてきたテーマ「団結」と「貪欲」を最後までやりきった結果がすべて現れたこの大会でした。

表彰式では濱田監督から喜びと共に、コロナ禍で大会を開催してくれた関係者、鹿屋市や大学の応援してくれている方への感謝が述べられた後、4年生でキャプテンの金本彩花さんが「後輩を信じるしかなかったこの試合。みごとに期待に応えてくれました!4年間ついてきてくれてありがとう」と、うれしさと感謝を口にし、会場にいた部員たちからも涙があふれる様子も見られ苦しかったこれまでが報われた優勝となりました。

20201207 volleyball3
試合の様子

20201207 volleyball3 2
(左)MIP賞を受賞した横山さん(右)後日学長報告にて

11月8日に群馬県のヤマダグリーンドーム前橋で開催された自転車の全日本選手権トラック種目の女子500mタイムトライアルで優勝し、表彰式で突然の引退を表明した本学卒業生でリオデジャネイロオリンピック日本代表の山本さくらさん(シエルブルー鹿屋=旧姓塚越)が、現役引退の報告で松下雅雄学長を表敬訪問しました。

埼玉県立熊谷女子高校時代は陸上競技の七種競技に取り組んでいた山本さんは、自転車競技の実績がないため一般入試で鹿屋体育大学を受験して合格。黒川剛監督の指導の下で地道に練習を重ね、2年生の頃から頭角を現しはじめ、4年生ではキャプテンを務め、2016年にはリオデジャネイロ五輪のオムニアムに出場しました。

山本さんは「自転車競技はゼロからのスタートでしたが、そういう人間もすごく成長させてもらえた場所が鹿屋体育大学でした。学生の人数が少ないので、先生方も全員の名前を覚えてくださり、大事にしてもらえました。鹿屋の人たちは温かくて、県外出身者でも関係なく一生懸命応援していただき、とてもうれしかったです。鹿屋はまさに第二のふるさとです」と、引退に際し感謝の気持ちを述べました。松下学長からは「今まで培ってきたものがたくさんあるので、どのような形で生かしていけるか、後輩を育成していくということも視野にいれながらこれからも活躍してほしい」とエールの言葉が贈られました。

20201203 sakurasan intai
(左から)黒川監督、山本さん、松下学長、森司朗理事・副学長

 このたび、国立大学法人鹿屋体育大学は、次期学長候補者を選考するため、学長選考を実施します。

 詳細についてはこちらをご覧ください。

健康・体力増進をテーマとしたシンポジウムを開催しますので、以下のとおりお知らせします。

 

日  時:令和2年12月19日(土) 13時30分~16時20分

会  場:オンライン配信(無料・要事前申込み)

申込期限:12月11日(金)

 

なお、シンポジウムでは健康・体力増進をテーマとして、基調講演及びパネルディスカッションを実施します。

また、参加には事前申込みが必要です。

申込み方法及びプログラムの詳細については、こちら(PDF)を参照ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報について

このページの情報の見つけやすさについて